エンタメ

本田翼はYouTuber収入が年1億円超え!? 芸能人もなりたがるYouTuber荒稼ぎ事情

「お笑い芸人のヒロシ(46)はいいですね。彼はキャンプの動画を上げているんですけど、テロップも全然ないですし、なんなら本人の顔もあまり出てこない。本当にキャンプやっているだけですけど、随所に彼なりのこだわりが詰め込まれている。まさに好まれる感じの動画ですよ。
 他にもいろいろな方がやっていますけど、正直そこまで注目度の高い人はいないですね。本田さんがガチすぎて霞んでしまった部分もあるとはいえ、だいたいの芸能人YouTuberは、一旦ブームが去ってしまうと静かなものです」  ある意味で、今1番注目度の高い芸能人YouTuberである、お笑いコンビ「キングコング」の梶原雄太(38)についても聞いておこう。梶原は10月1日、“カジサック”としてYouTuberデビューし、2019年末までにチャンネル登録者数100万人に達しなかった場合、芸人を引退すると発表し話題となった。10月15日現在での登録者数はおよそ14万人と好調なようにも見えるが、業界関係者の目にはどう映るのだろう。 「開設から15日で登録者数14万人というのは、一般人なら相当な高ペースです。しかし彼はもともと影響力のある芸能人なので、最初に登録者数がガッと伸びるのは当然のこと。それを踏まえて15日で14万人というのは、いくら1年以上の期間があるとはいえ、登録者数100万人はちょっと難しいんじゃないかなって気もします。  ただ、おそらく彼にはどこかのYouTuber事務所、もしくはYouTuberが噛んでいる気がするので、最悪あの手この手で登録者数を伸ばしに来るんじゃないか、とは思います。まあ、そう簡単にどうにかなるものじゃないですがね」
 芸能人にとってYouTuber業界というのは、儲けようと思って参入する者には冷たく、儲ける気のあまりない者こそ儲けさせてくれる、禅問答のような業界らしい。テレビで成功を収めた彼らであっても、YouTuberとして成功を収めるのは簡単ではないようだ。<取材・文/A4studio>
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事