恋愛・結婚

性生活の満足度で日本が最下位…世界18か国調査

 人生100年時代の到来とともに訪れたのはSEX100年時代。しかし、漫然と体を重ねるのではなく、真に最高のSEXをするにはどうすればいいのか。そんな単純にして究極の疑問を解決すべく、有識者たちの英知を結集した。

最高のSEX大研究

本能、快楽、愛情が揃う最高のSEXライフは40代から始まる


 健康寿命世界2位を誇る日本には「人生100年時代」が到来。同時に「死ぬまでSEX」といったフレーズもオヤジ系週刊誌で毎週のように躍るが、そもそも人間は何歳までSEXできるのか? 産婦人科医の高橋怜奈氏が解説する。

「血管と神経を健康的に若々しく保ち、性欲があれば勃起に寿命はありません。女性も閉経による女性ホルモンの低下に伴って、分泌液が減少して濡れにくくはなるものの、性欲もあるしいくつになってもSEXを楽しむことができます」

 つまり本当に「死ぬまでSEX」をすることは可能だということ。実際、内科医の清水一郎氏によれば、「アメリカでは70代の性行為の回数が増えている」のだとか。一方で日本人の現状はというと、TENGAが18か国を対象に行った「性生活の満足度」に関する調査(※)で、満足度が最下位という結果に。

<性生活満足度ランキング>

1位 インド
2位 メキシコ
3位 ブラジル
4位 ケニア
5位 ナイジェリア
6位 アラブ首長国連邦
7位 南アフリカ共和国
8位 アメリカ合衆国
9位 イギリス
10位 オーストラリア

18位 日本

 清水氏は次のように嘆息。

「特に日本人は結婚・出産を経るとパートナーへの興奮を失って、性行為の頻度が極端に落ちます」

 興奮が減退すると、SEXする能力そのものが衰えるリスクが。

「勃起はテストステロンという男性ホルモンが関わり、これに副交感神経が必要。一方、ストレスに晒されると副交感神経の働きは阻害されます。特にストレスでホルモン分泌や感受性が衰える40代は、SEX自体を定期的にこなして興奮しないと、60代以降もSEXを楽しむことはできません」

次のページ 
健康リスクの点からSEXを推奨

1
2
週刊SPA!11/13号(11/6発売)

表紙の人/ 石川 恋

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事