ニュース

山根明・ボクシング連盟前会長が騒動を振り返る「わし、泣いてもうたわ」



――奥様(智巳さん)も騒動に巻き込まれたのが’18年でした。

智巳:私の顔まで全国区になってしまった(笑)。でもね、騒動が落ち着いてきて、会長(山根氏)は、おだやかな、柔らかい顔になりました。昔は自宅にいても、ボクシングのことばかり考えていて、会話らしい会話もなかった。海外遠征に行くと、選手のサポートに徹して、お風呂にも入らない。だから帰ってきたら、私が垢すりをしてあげていました。

――辞任後、おふたりで旅行に行くような時間はなかったのですか。

山根:ないない。温泉も行きたいけど、ただちゃうやろ? (テレビ出演の)ギャラをもらっても、すぐ使ってまうもん。騒動で10kg近く痩せて服が着られなくなったから、せいぜい洋服を購入したぐらいやね。

――いつもハットをかぶり、オシャレにスーツを着こなしていますが、お好きなブランドはありますか。

智巳:会長のスーツはすべて、オーダーメイド。ブランドといえば、(スポーツ用品メーカーの)「ミズノ」ぐらいしか知らないでしょ(笑)。

山根:そやな。

※2/5発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです

【山根 明】
1939年10月12日、大阪府堺市で日本人の父と韓国人の母との間に生まれる。’11年から日本ボクシング連盟の会長を務めた。’18年7月、「日本ボクシングを再興する会」が中心となって、山根会長のアスリート助成金の不正流用などの疑惑を告発。8月8日に辞任した。

取材・文/柳川悠二 撮影/加藤 慶

1
2
週刊SPA!2/12・19合併号(2/5発売)

表紙の人/ 二階堂ふみ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事