雑学

腰痛の原因は「眠り方」かも。腰に悪い寝方チェックリスト



「寝返り」と「負荷の分散」で腰がスッキリ


 寝ている間に腰が悪くなるのは、一部に偏って負担がかかり続けるから。

「ずっと同じ姿勢で寝ていると、負担がかかる部分の血管が圧迫されて血流が悪化し、こりや痛みの原因になるのです」(高橋氏)
 
 そうならないためには、ちゃんと寝返りをうつことと、バランスよく負荷を分散すること。これは自分の意思でできることではないが、寝具を工夫するだけで解決できる。一番のカギはマットレス。適度な硬さと「反発力」の高いものを選ぼう。

「マットレスの反発力は、寝返りをうつ助けになります。筋力の衰えた中高年の場合、自力で寝返りをうつのが難しくなってくるので、特に重要です」(高橋氏)

 また適度な硬さがあれば体が沈み込むことがなく、バランスよく負荷を全身に散らすことができるという。ふかふかの柔らかいベッドは腰をいたわってくれる気がするが、甘い罠だったのか……。

そもそも腰は悪くない


 睡眠を改善すれば、何をやっても治らなかった腰痛が消える可能性はある。実は不眠も腰痛の元なのだ。腰が痛くて眠れない。よく眠れないのは腰が痛いから。そんなストレスや不安が痛みになって現れることがあるという。

「脳はストレスに耐えられなくなると、体に逃がします。緊張でお腹が痛くなるのと同じです」(高橋氏)

 つまり、不眠→痛み→不眠という悪循環が起こりうるということ。腰にまったく異常がなくても、脳が痛みを生み出してしまう。

「思い込みや認知の問題で腰痛が治らないケースがかなり多いことが、最新の研究でわかってきました。不眠の場合は、まずよく眠れるようになることで、“腰は悪くない”と脳の認知が正される可能性があります」(高橋氏)

001-224_腰痛本文cc2018.indd

画像『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』(アスコム刊)

『あなたの腰痛が治らないのは治し方を間違えているから』では、睡眠や脳の不調、体の硬さなど、腰以外の原因を詳しく解説している。あなたの腰痛も、腰以外を見直せば、あっという間に治るかも?

<取材・文/日刊SPA!取材班>

1
2





おすすめ記事