雑学

全身“ほぼユニクロU”でオシャレに見せる着こなし方

 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。今年も「ユニクロU」が発売されました。エルメスのディレクションを手がけた世界最高峰のデザイナー、クリストフ・ルメールが手がけるユニクロの特別ラインであるユニクロU。世界最高のデザインをユニクロ価格で買えるとあって毎年人気。一部アイテムはメルカリでプレミアム価格がつくほどです。今回はそんなユニクロU、一押しのアイテムや着こなしを紹介していきます。

光沢感ありのワーク系セットアップが大当たり


Style 1

Style 1
ジャケット/ユニクロ
シャツ/ユニクロ
パンツ/ユニクロ
シューズ/アダムエロぺ

 まずはStyle1。今回、ワーク系のアイテムを上下セットで展開していますが、これが大当たり。通常こうしたカジュアルなアイテム同士は野暮ったい印象が強くなるものですが、このセットアップは素材感にワザあり。ワーク系のアイテムにしては珍しく光沢が強く、品のいい風合いになっています。

 加えてジャケットはシャツ襟があるドレスライクな仕様、パンツもユルめながら、裾が細いスッキリとしたテーパード。インナーにシャツ、足元にレザーシューズなどを合わせれば、上下ベージュのワークアイテムでも「労働者」に見えません。いつものユニクロらしい「無難」な印象がないちょっと上級なオシャレスタイルをつくることができます。

スポーツライクはフォーマルでバランスを


Style 2

Style 2
クラッチ/Re:
ジャケット/ユニクロ
インナー/ユニクロ
パンツ/ユニクロ
シューズ/GU

 Style2とStyle3はナイロンジャケットです。こちら’70~’80年代のスポーツジャージから着想されたアイテム。古着屋さんなどでもたまに見かけるデザインです。オーバーサイズですが、袖先や裾を絞ったデザインになっています。着心地がいいユルめサイズですが、メリハリがあり、大人っぽいのが特徴。

 Style2では発色の地味なネイビーを黒のスラックスで無難に着こなしました。スポーツライクなアイテムをフォーマルなスラックスでバランスをとったスタイル。そのままでは地味な印象になるので、インナーにビビッドな差し色を入れて、無難すぎることのないように調整。

派手色のアウターは合わせをモノトーンに


Style 3

Style 3
ジャケット/ユニクロ
インナー/ユニクロ
パンツ/ユニクロ
シューズ/リプロダクションオブ ファウンド

 一方、Style3は色違いのグリーンをチョイスしています。こちらのほうが合わせはラクかもしれません。派手色のアウターの場合、とにかく合わせるアイテムをドレスライクにモノトーンで細身にすればOK。

 インナーは白ニット、パンツは黒スラックスとフォーマルな印象をつくれば、こんな派手カラーも洒落た印象でまとめられます。ちなみに今回使っているアイテムはほぼ全てユニクロU。参考にしてみてください。

撮影/岡戸雅樹、衣装/すべて私物

ファッションバイヤー。メンズファッションの底上げを図るべく各メディアで執筆中。“買って着て書いて”一人三役をこなす。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法」。初の著書『最速でおしゃれに見せる方法』はベストセラーに。最新刊『幸服論――人生は服で簡単に変えられる』が発売中!

●六本木で営業していたスナックMBですが、移転のため一時閉店となります。現在物件探し中、渋谷近辺に移動する予定です!
●「MB×SPA!30周年コラボビジネスアイテム」販売ページ https://mbspa.stores.jp/
MB_1
●新刊『幸服論』の一部がcakesにて無料で読めるので、ぜひ! https://cakes.mu/posts/19687

幸服論――人生は服で簡単に変えられる

『得する人損する人』(日本テレビ系)で話題の著者、最新刊。自信は服で簡単につくることができる!

最速でおしゃれに見せる方法 【電子限定特典付き】

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版。電子版特典として、MBのコーディネート・80スタイルを追加収録!





おすすめ記事