エンタメ

コスプレ美女が彩る『AnimeJapan 2019』、寒空の下でも「冬のコミケに比べれば寒さはマシ」

 国内最大級のアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン)2019」(主催・一般社団法人アニメジャパン)が23日(土)、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開幕した。
 
 2014年から開催されているアニメジャパンは、「アニプレックス」や「KADOKAWA」、「東映アニメーション」などのアニメ関連企業・団体が出展するイベント。昨年は過去最多の約15万2000人が来場した。

animejapan2019

国内最大級のアニメ展示会「AnimeJapan 2019」が開幕!


 6回目の開催を数える今年のイベントテーマは「ROCK」が掲げられており、メインエリアに過去最多となる163社の企業が出展し、4月から放送されるテレビアニメを中心にさまざまな作品の情報発信を行なう。

 「ROSE REDステージ」「OASIS GREENステージ」「COBALT BLUEステージ」「KILLER PINKステージ」の合計4ステージで構成されるAJ“ROCK”ステージでは、2日間で全48ステージを開催。過去最大規模の内容で人気声優によるトークショーといったイベントが繰り広げられる。

 一方、屋外コスプレエリアも早くから多くの人で賑わいを見せていた。アニメジャパンの魅力を“往年のアニメファン”というコスプレイヤーに聞くと、「アニメに特化しているので、新しいアニメでなく懐かしい昔のアニメもたくさんフィーチャーされているのがいい」、「たくさんの企業がブースを出展していて、ポストカードなどタダでたくさんもらえる」といった声があった。コミケなどとはまた違う魅力があるようで、海外からのメディアやアニメファンの姿も目立っている。

もか@mo3mo1mo

もか@mo3mo1mo

寒空の下でもコスプレイヤーたちは…


 気温10度という冬に逆戻りしたような気温、しかも時折、小雨が降る曇天というあいにくの空模様の中でのスタートとなった今年のアニメジャパンだが、「コスチュームの裏にたくさんカイロを貼り付けている」というコスプレイヤーや、「冬のコミケに比べればマシです。鼻声なのは花粉で……」と語るコスプレイヤーもおり、アニメファンの気合と熱気が感じられる。

 一般入場が可能なパブリックデーは明日17時まで。入場料は中学生以上が2200円で、小学生以下は無料となっている。明日24日(日)は晴れの予報だが、コスプレ参加する人はしっかりとした防寒対策を心がけてほしい。

<取材・文・撮影/伊藤綾>





おすすめ記事