R-30

韓国、高学歴貧困の実態…名門大学を卒業も単発アルバイトする理由

国民のほとんどが高学歴なのに貧困という地獄絵図


 日本の労働市場が人手不足に悩まされる一方、韓国では若者の失業率の上昇が問題となっている。’17年には青年失業率(15~29歳)が過去最悪の12.3%を記録し、その後も劇的な改善は見せていない。’97年のアジア通貨危機以降、韓国では少なくとも’00年からこの状態が続いており、解決に至っていない。

高学歴貧困in韓国

「青年求職者および青少年将兵たちの就業相談を受け付けます」と書かれたソウル駅看板。青年失業問題の浸透ぶりを示している

 ’05年の82.1%から下降線を辿っているものの、大学進学率は70%台で推移しており、国民の約8割が大卒にあたる。しかし、大卒者であっても財閥系大企業に入れなければ30歳で年収200万円台が妥当な金額。そのため、高学歴貧困者の数が世界トップレベルにあると言えるのだ。そんな韓国の実態に迫った(通貨レートは’19年3月現在)。

高学歴貧困in韓国

(左図)大企業と中小企業の勤続年数別年収格差(出典:韓国統計庁)/(右図)大企業と中小企業の数の比較(出展:中小企業中央会)

受験勉強で燃え尽き、名門大卒からフリーターに


 ソン・ジョンウンさん(仮名・25歳)は韓国では就職率が桁違いに高いことで知られ、卒業生には国際機関のトップも輩出する名門大学を卒業したが、あえて就職はせず一日6万6800ウォン(約6574円)の単発アルバイトをしながら暮らしている。親しい同級生の中で、就職をしなかったのは彼だけだった。なぜなのか。

「好きなときに好きな場所に行ける生活のほうが僕には大事です。こういう人を韓国ではYOLO(You Only Live Once)族と言う。一度きりの人生、就活でつまんなくしてどうすんの? って感じですよ」

 とはいえ高校時代の彼は常に学年トップ。志望校合格を目指し、「狂ったように勉強した」という。

次のページ 
血の滲むような努力が実り、晴れて合格したものの……

1
2
週刊SPA!4/2号(3/26発売)

表紙の人/ 日向坂46

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!





おすすめ記事