エンタメ

新元号を歌舞伎町のキャバ嬢、ギャルが考案…キラキラ元号案が続出

 新元号が発表される4月1日が目前に迫ってきた。連日テレビやネットニュースでは社会学者など識者による見解や大規模なアンケート調査の結果が報じられ、さまざまな説が巷には溢れている。
元号

4月1日、いよいよ新元号が発表される

 Twitterでも大喜利状態となり、その予想は過熱する一方。株式会社アイ・エヌ・ジーが渋谷の女子高生を対象に行ったアンケートでは「卍」が出たほか、「タピオカ」というワードが11位にランクインし、トレンド入りも果たした。そんな中、歌舞伎町で生きるキャバ嬢やギャル、モデルたちが、新元号をどのように予想するのか。今回は5人の女のコに話を聞いた。

『キラメキ』ちのさん(22歳・キャバ嬢)

ちの「元号を呼ぶときの『キラメキ●年』っていう響きがカワイイし、中二病っぽくてイケてるから(笑)。でも何年になってもこの年号が変わるまではキラめいているわけだから、なんとなく素敵!」

『輝金』美蘭田かおるさん(20歳・キャバ嬢)

美蘭田かおる「経済がもっと回るように!(笑)」

『永久』ひろみんさん(29歳・モデル/キャバ嬢)

ひろみん「永久に自分らしく生きる。ずっと時代関係なくギャルでいれるように……。あと平和が永久に永遠でありますように、の願いで!」

『永安』大塚愛莉さん(20歳・JKカフェ店員)

大塚愛莉「意外とニュースとか見ているんですが、永安って噂があったような気がする(笑)。永遠に安全な時代を~みたいな。とりあえず、戦争とかなく平和な世の中であってほしい。切実に!」

『卍』なっちゃん(27歳・BAR「differ」オーナー)

なっちゃん「自由で平和で楽しい“卍”な時代になってほしいから」

新元号名の予想は若者たちの本音

 前出のアンケート結果でも注目を集めた今どきのギャルらしい『卍』という元号名が見られる一方、お金をテーマにした『輝金』や、夜の華やかな世界観を感じさせる『キラメキ』など、歌舞伎町のキャバ嬢ならではのワードも飛び出した。  また、5人中3人から“平和”を願ったコメントが出たことも特筆すべき点。裏を返せば、平成生まれの彼女たちにとって、不安が多かったということだろう。特にここ数年、世界情勢として緊張が高まる場面も増えていた。  新元号が発表されるまであと少し。彼女たちが回答したこれらの元号名は、若者が新たな時代に求める本音のひとつとも言えるだろう。その願いに応えることができるのか。大人たちは今後、試されているのかもしれない。<取材・文/藤井敦年>Web/雑誌編集者・記者。「men’s egg」編集部を経てフリーランスとして雑誌媒体を中心に活動。その後Webメディア制作会社で修行、現在に至る。主に若者文化、キャバ嬢、地下アイドル、社会の本音、サブカルチャー、エンタメ全般を取材。趣味は海外旅行とカメラとサウナ。Twitter:@FujiiAtsutoshi
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事