ライフ

20代OLがスカートの下から…コンビニのトイレを汚す迷惑客たち

態度の悪い客がついに店内で脱糞…出入り禁止に

 客に40歳ぐらいの岡本(仮名)という男がいた。昼間から酒で酔っているし、態度も悪かった。ことあるごとに若い店員に突っかかってくるので、店長は出入り禁止にするチャンスをうかがっていた。  ある日、筆者が店に行くと店長とバイトの青木君がバックヤードで防犯カメラの映像を見ていた。店長が言う。 「浜さん、アイツやらかしたよ、ヤバいのを。見てみな、これ」  ビデオをのぞいてみると、時刻は夜中1時30分頃。客はいない状態で、青木君がレジのところでコーヒーマシンなどの清掃をしていた。バックヤードにいた店長は呑気にもテレビを見ている。すると岡本が店に入ってきて、雑誌コーナーで立ち読みを始めた。 コンビニ 他の客は誰もいない。すると突然、岡本はしゃがんでズボンとパンツを一気に脱ぐと、なんと脱糞……!  そして、そそくさと店を出ていった。青木君は、岡本の行動にまったく気がついていなかった。  10分後、常連のサラリーマン男性客が入ってきた。おそらくタクシーで帰宅後に寄ったのだろう。普段から感じの良い方だ。雑誌コーナーに向かう。しかし不運なことに、岡本が残していった足元の大便に気がつかず、思い切り踏んづけてしまったのだ。  さぞ驚いたことだろう。男性客は青木君のところにやってきて報告した。岡本はとんでもないことをやってくれたものだ。  優しい人だったから大事にはならなかったものの、場合によっては店の評判まで大きく落ちてしまうところだった。  数日後の夕方、何食わぬ顔で岡本は店にやってきて立ち読みを始めた。当然、店長が烈火のごとく叱りつけ、出入り禁止にさせた。ただ、どういうつもりなのか、この男はそれから2回も平気で店にやってきた。もちろん追い払うが、よくわからない客もいるものだと、つくづく思う。<取材・文/浜カツトシ>
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事