スポーツ

高校野球で脱・丸刈りが増加中。長髪許可校は甲子園で勝てるか?

 確かに「高校野球=丸刈り」というイメージは、一般世間だけでなく球児たち自身にも根強い。だが他の多くのスポーツ部活動の選手たちの髪形を見れば、高校野球の異常性は明らかだろう。実際、長髪許可校の戦績を見れば明らかなように、髪形と試合の成績は無関係と言ってよい。 ===== <夏の甲子園・主な「長髪校」ベスト戦績(過去30年)> ’90年優勝 天理(奈良) ’90年ベスト4 山陽(岡山) ’93年ベスト8京都西(京都) ’00年ベスト8柳川(福岡) ’08年ベスト8慶應(神奈川) ※名門・仙台育英も’02年までは長髪だったが、不祥事を機に自主的に丸刈りにして現在に至っている =====  ただ、高校野球を継続的に取材するノンフィクションライターの柳川悠二氏は、別の観点からこう語る。 「『高校野球=丸刈り』は様式美であり、レガシー。言わば、テニスのウィンブルドンが白のユニフォームしか許されないのと同じです」  さまざまな意見がある脱丸刈り。今夏は長髪許可校の活躍にも注目だ。 取材・文/沼澤典史・野中ツトム(清談社) 遠藤修哉(本誌) 写真/朝日新聞社 ※週刊SPA!8月6日発売号「令和元年の甲子園ガイド」より
1
2
週刊SPA!8/13・20合併号(8/6発売)

表紙の人/ 大原優乃

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事