デジタル

【facebook銃殺事件】ひろゆきの見解

 ひろゆき氏が、2月28日発売の週刊SPA!連載「ネット炎上観察記」で、SNSなどの個人向けサービスのつきあい方について方向を示している。 facebook 先日、米テネシー州で、フェイスブック上の友人から娘を削除した若いカップルに腹を立てた父親が、カップルを銃で殺害する事件が起こった。この事件は日本のネット上で話題となったのだが、これに対し、 「世の中には予想を超えたおかしな人がいたりして、そのおかしな人に目を付けられないように生きていかないといけなかったりします」 「今回の場合、カップルは何をするのが正解だったのかよくわからないんですよね。それは、おかしな人と関わってしまった時点で、不幸な道が決まっていたような気がするからです」  と、今回の件は被害者にとっては防ぎ用のなかった事件であると考えている様子だ。  また、 「SNSの場合、ネット上で自から個人情報を晒さなくても、知人の繋がりとか知人の日記から自分の知らない所で自分の情報が書き込まれたりすることがあるので、防ぎようがなかったりもします」  と、現実社会では逃げられることでもネット上に個人の情報が掲載された時点で追いかけてくる人がいることがあるなどネットにおける個人情報の取り扱いについても問題点を指摘。 「今回は、アメリカの事件の話ですけど、日本で同じことが起きてもおかしくはないですからねぇ。。。」  と警笛を鳴らしている。  では、これらを防ぐためにはどうしたらいいのだろうか? 連載では、ひろゆき氏なりの方法論が掲載されている。<取材・文/杉原光徳(ミドルマン)> 西村博之(にしむらひろゆき)’76年、神奈川県生まれ。フランス在住、たまに日本。2ちゃんねる・ニコニコの元管理人で、英語圏最大の掲示板サイト『4chan』現管理人。SPA!誌面にて11年間にわたり「ネット炎上観察記」を連載。近著に『自分は自分、バカはバカ』(SBクリエイティブ)など
週刊SPA! 3/6・13合併号(2/28発売)

表紙の人/Hi-STANDARD(難波章浩・横山健)

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット





おすすめ記事