原油相場で3か月負けなし!の一目均衡表読解術

◆マネーな人々 今週の銭格言
【選者】2億円もぐらトレーダーアンディ氏

ユーロ圏財務相会合で、第2次ギリシャ支援が合意に至り、歓迎ムードの為替市場。ユーロは対ドル、対円ともに連騰中だ。この大相場で意外にもアンディ氏が目をつけたのはNY原油相場。果たして、原油の魅力とは?

←【前編】はこちら

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

 実は現在、チームアンディと名付けた15人が極秘であらゆる金融商品における、もぐらトレードの有効性を検証しています。その活動のなかで、特にNY原油、FTSE株価指数、DAX(ドイツ株価指数)を分析するのに、もぐらトレードが有効だということがわかってきました。

 ぜひ、NY原油チャートに一目均衡表を表示させてみてください。綺麗にもぐらトレードはキマっていることがわかるはずです。面白いほど、1時間足の雲の先行スパン2でローソクが弾かれるのです。忘れてならないのは、NY原油のボラティリティ(変動率)の高さです。為替の約2倍。値動きがデカい分、リスクと稼げる金額がデカくなるのです。

 ちなみに、アンディはNY原油で3か月間、負けナシ! 連騰続きで108ドルを大きく超えてきたNY原油ですが、アンディはさらに値が伸びると見ています。目標は’11年5月2日の高値114.82です。(1)直近安値の92.52(’11年12月16日)を、(2)直近高値103.72(’12年1月5日)から引くと、11.2。(2)を軸にしてE計算値(下図参照)を弾き出すと、(2)+11.2=114.92となります。昨年5月2日の高値とたった10pipsの差です。現在の価格よりは6円も上の水準ですが……しばらく抵抗線はありません。まだまだ上昇する可能性は高いでしょう!

【今週の数字】
NY原油の目標価格
1バレル=114.92ドル
2月23日時点で108.50ドルという9か月ぶりの高値圏にあるNY原油。しばらく、抵抗線が見られないため、アンディ氏はE計算値と過去の高値から、今後と到達しそうな水準を分析。まだまだ原油は上がりそうだ

NY原油の日足チャート

NY原油の日足チャート。直近安値から高値への値上がり幅分だけ、再度値上がりする可能性があると分析する「E計算値」で弾きだされた数値が見事、昨年5月2日の高値とほぼ一致

【2億円もぐらトレーダー・アンディ氏】
先物会社を経て、専業トレーダーに。必殺もぐらトレードの真髄は「アンディのFXブログ」(http://ichimoku119.blog15.fc2.com/)で公開中。セミナー講師デビューを果たしたアンディ氏は、間もなく扶桑社からFX本を出す予定だ




おすすめ記事