マネー

ポンド/円は5年以内に250円を目指す!?

マネーな人々 今週の銭格言
【選者】2億円もぐらトレーダーアンディ氏

ドル/円がついに上昇に転じ、歴史的な円高相場が転換期を迎えたと言われるなかで、もぐらトレードの使い手、アンディ氏がポンド/円相場を大胆に予測。一部では“オカルト”と揶揄される相場分析手法の実力はいかに!?

◆的中なるか? エリオット波動で、ポンド/円は5年以内に250円を目指す!?

 みなさん、こんにちは。ついに、ドル/円が一時的に84円台を回復し、歴史的な円高相場の転換期を迎えた……と確信しているアンディです。でも、ドル/円は84.18を高値に反落。現在は調整期間にあります。ユーロ/ドルも方向感が定まらなかったり、豪ドル/円も調整色が強くなっていたりと、相場は全般的に小休止しているような状態です。そんなときにアンディは何を狙っているか? ズバリ、ポンド/円です。

 アンディは向こう5年で歴史的な「ポンド上昇相場」が訪れると見ています。今は、その序章にすぎません。実は、今回のお話は、アンディが得意とする「もぐらトレード」でなく、もっと壮大な話です。アンディが尊敬するFXトレーダーのタイラーさん(ブログはやってません……)の意見を参考にさせてもらっています。結論から言うと……ポンド/円は250円台を目指します! そんなバカな!? と思った人も多いかと思いますが、「エリオット波動」で分析してみると、にわかに真実味を帯びてきます。見るのは月足(チャート参照:http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=185679)。一方的に下げてきたのち、フラットな値動きを見せて、ガクッと落ちていますよね。これはエリオット波動が一巡したときに見られる形なのです。

ポンド/円月足

ポンド/円の月足(クリックで拡大)

 一般的に、エリオット波動では「相場は上昇5波、下降3波からなる」と言われます。上げ(1波)→下げ(2波)→上げ(3波)と繰り返して、上昇5波の次に下降3波が訪れて、相場が一巡するという理論です。本当は、メチャクチャ奥の深い理論なんですけど、今回はザックリと覚えておきましょう。そのうえで、ポンド/円の月足チャートを見ると、昨年10月に116.81の安値を形成してから、上昇5波動をつくりに来ていることがわかるわけです。

【後編】に続く⇒http://nikkan-spa.jp/185673
本当にエリオット波動のとおりに動くのか?1ポンド=127.28円は鉄板買い!

アンディ氏【2億円もぐらトレーダー・アンディ氏】
先物会社を経て、専業トレーダーに。必殺もぐらトレードの真髄は「アンディのFXブログ」(http://ichimoku119.blog15.fc2.com/)で公開中。未公開トレード手法も収めた“アンディ本”も小社より間もなく発売予定

ハッシュタグ




おすすめ記事