恋愛・結婚

合コンで女性を満足させるテンプレ。店選びからデートの誘い方まで

―[テンプレ恋愛術]―
 これまで週刊SPA!では、意中の女性を口説くためのさまざまな恋愛メソッドを紹介してきたが、これにより「デートへの誘い方」「デート中の会話術」など、恋愛における各ステップについてあまたの攻略法が飛び交うことにもなった。 合コン術 そこで今回は、各界の恋愛のプロたち一人一人の、出会いからクロージングまでの“俺流”をそれぞれ解説付きで紹介。恋愛に不慣れな人も、成功者の思考と行動をマネすれば、うまくいくこと間違いなしだ!

絶対に女性を満足させるテンプレ「合コン」メソッド

 出会いを求める男女が一堂に会す合コン。合コンアナリストのテツヤ氏は数千回を超える合コンを経て、女性を感動させる「おもてなし合コン」理論を完成させたとか。
テンプレ恋愛術

合コンアナリスト・テツヤ氏「ジャケット着用が大人デートの基本」

「人数は4対4。時間と場の空気をコントロールすることが重要で、そのためにはアジェンダ(タイムスケジュール)の事前共有が必須です。例えば自己紹介は“他己紹介”形式で一人1分以内と決めることで空気の弛緩を防止。さらに女性陣にも共有しておくことで、『ゲーム』『2次会』を念頭に置かせられるんです」  店は「3時間飲み放題つきコースで5000円以内」「間接照明の完全個室」が理想。ここであるゲームをすることが2番目のコツ。

HELPチケットで本音を引き出しつつ恩を売れ!

テンプレ恋愛術

アジェンダとHELPチケットは合コンの必需品。これを女性に渡すことで合コンをスムーズに進行できる。サプライズタイムで花などのお土産を手渡すのは効果絶大

「お題『ドラえもんのひみつ道具といえば?』に対し、回答『どこでもドア/4人(多数=勝ち)』『タケコプター/2人(少数=負け)』と、回答の一致数を競う『共感ゲーム』で一体感を高めます。ゲーム前に罰ゲームを誰かに肩代わりさせられる『HELPチケット』を女性陣に3枚ずつ配布。  このとき、女性は気になっている男性に1枚目を渡す傾向があるので好意の先を把握でき、かつ肩代わりによって精神的にも優位に立てます。  そしてお題を徐々に『このなかで一番エロい人は?』と、性を意識させる内容にシフト。加えてゲーム以外の場面でも『KP(ちょっとした会話をきっかけにした小さい乾杯)』を絶えず繰り返すことも、一体感アップにつながる重要テクです」
テンプレ恋愛術

ゲームの回答回収には集計アプリを活用。iOSなら「押したの誰だ!?」。Androidなら「本音スイッチ」が使える。フリートークなら難しい下ネタもゲームなら楽勝

 ゲームは基本的に3種類用意し、短時間で替えていくのだとか。 「場を盛り上げつつ、女性に『遊び足りない』と思わせられます。あとは会の終了後に『今回は複数だったから今度は2人で飲みに行こう』と誘えば、ほぼ間違いなくデートにこぎつけられますね」  デートは3週間以内に行きたい。 「間が空くほど心変わりのリスクが高まるだけですから。デートでもKPを繰り返して親密度を高めて『もう遅いから泊まっていかない?』の誘いでクロージングです」 “楽しい=あなたともっと一緒にいたい”になるのだ。
テンプレ恋愛術

女性から絶対褒められる香水「アポーシア イフ ロールオン」も常に携行

<テンプレ3STEP>

●下準備:合コンの成否は準備で9割が決まる 店は2軒目まで押さえておきつつ、1軒目もカラオケ付きなどで長居できるところが理想。テツヤ氏は「フォーリア ギンザ アリアブル」(銀座)や「3MM BAR」(恵比寿)をよく利用。あとは男女共にアジェンダの共有を徹底。「アジェンダを守れない男性は、もう合コンには呼びません」 ●合コン中:アジェンダ通りに進行しつつKPを多用 他己紹介では「コイツは軽そうに見えるけど実は誠実なんだよね」と、ウイークポイントからストロングポイントを紹介することで、その人の人間味を引き立たせる。その後は、時間厳守しつつ、いかにKPをこなせるかがポイント。「毎日お弁当を作ってるんだ、えらいね。KP!」と、とにかく振っていく。 ●クロージング:ガッつかない大人の余裕を見せる 合コン当日は女性を見送り、個別でデートに誘う。「即日ゴールを決めたいときは、『デートしてもいい異性の名前を紙に書くゲーム』をして、半ば強制的にペアをつくります。ただ、僕らもいい年なので、デートにつないで、そこでも断られたらスッと引く余裕を見せるほうが後でうまくいきますね」 【合コンアナリスト テツヤ氏】 一部上場企業に勤める会社員。あまたの合コン経験から「おもてなし合コン」理論を確立し、コラムも執筆。恋愛コミュニケーション術も発信。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
―[テンプレ恋愛術]―
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事