仕事

新世代の「殴られ屋」を直撃、路上のほかにSNS&動画配信でも稼ぐ

“自分を売る”人たちの歴史

▼街頭期’50~’90年~ ・流し ・露天商 ・街頭パフォーマー ・殴られ屋 ・路上の詩人 ▼インターネット期’00~’07年~ ・個人ブログブーム  ・有料メルマガ ・情報商材 ・代行屋 ▼SNS期’12~’19年 ・レンタルおじさん ・クラウドファンディング ・YouTuber ・SHOWROOM(ふわっち、17LIVE)  ・オンラインサロン ・フリマアプリ ・スキルシェアサービス <取材・文/週刊SPA!編集部>
―[働かずに稼ぐ!]―
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事