恋愛・結婚

無名の芸能人と交際も…売れたら別れた一般人男性の悲哀

 写真週刊誌のスクープ報道などによってたびたび世間を騒がす芸能人と一般人の熱愛報道。そう、つまりこの世には、イケメン俳優やスポーツ選手でなくとも、高嶺の花と出会い、交際にこぎつけている一般人が現実にいるということなのだ。そこで、実際に芸能人と交際経験のある一般男性を探し出し、その実情を聞いた!
デート

※写真はイメージです

個性派ボーカリストに臆せずアタックし事務所公認カップルに

 公認会計士の平手慶介さん(仮名・29歳)は6年前まで独特な世界観で鳴らす音楽ユニットのボーカルIと交際。出会いは二人が通っていた有名私大のゼミだ。 「無名の当時からIは変わり者で目立っていましたね。理由なくチャイナ服で授業に来たことも」  そんな彼女の奔放さに心惹かれたという平手さん。Iの好奇心を満たすべくあちこちにデートに連れ出して仲を深め、半同棲状態に。 「私といると飽きないなと思ってくれたんだと思います。私は私で、彼女の個性が楽しくて。数日家を空けていると思ったら、自分が解体した大量の熊肉を持ち帰ってきたこともありましたね。私たちの関係はマネジャーさんも公認で『Iが現場に来ないんだけど、隣で寝てる?』って電話がかかってくることもよくありました(笑)」  車で送迎するなど、尽くしたのも交際につながったのではないかと平手さんは振り返る。  しかし彼女が本業で売れるにつれて、関係は冷えていったという。 「とにかく時間が合わなくなってしまって別れました。でも、いまだに新しいコと知り合っても、Iと比較して『なんか物足りないな』って思っちゃうんです。Iは私にとって麻薬みたいな存在です……」  そのIの中毒性が今はファンを魅了しているということだろうか。 <取材・文/週刊SPA!編集部>
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事