エンタメ

カジサック、中田敦彦だけじゃない。今「芸人ユーチューバー」がすごい!

 YouTuberという職業が、「小学生たちが将来なりたい職業ランキング」でも上位に入ることが当たり前になった昨今。ヒカキンやはじめしゃちょー、フィッシャーズといった人気者はメディアにも進出するようになった。  そんな中で、2018年10月にお笑い芸人・キングコングの梶原雄太が“カジサック”として『カジサックの部屋』を開設して以降、その流れに乗ってさまざまなお笑い芸人が公式YouTubeチャンネルを立ち上げ始めた。最近では「教育系YouTube」と題して、オリエンタルラジオの中田敦彦が『中田敦彦のYouTube 大学』を開設し、話題を博している。両チャンネルはYouTube界でも異例といえる100万人もの登録者数を誇る人気ぶりだ。
 そこで、カジサックやオリラジ・中田ほどは目立ってはいないものの今後注目すべき “芸人YouTubeチャンネル”を、構成作家やお笑い専門誌ライターなどの業界人に聞いてみた。

コント職人の「ジャルジャル」と「日本エレキテル連合」

 まずは、お笑い通でありつつYouTubeもこよなく愛する筆者のおススメチャンネルを紹介していこう。  一つ目は天才コント師と知られるジャルジャルの『ジャルジャル公式チャンネル』だ。何がスゴいって、2人が織りなす不思議な世界観のコントを毎日欠かすことなく投稿し続けているのだ。常々「ネタは8000本以上あります」と言っていたジャルジャルだが、それはギャグではなかったのだ。基本的にどのネタも傑作なのだが、ごくたまに“ハズレネタ”をアップしているのを探すのも楽しみになるくらい。  ちなみに筆者おススメの回は『ハズレの先生が担任になった奴』だ。  また、ネタを極め続けている芸人YouTubeチャンネルの代表としては「ダメよ~ダメダメ」で一世を風靡した日本エレキテル連合の『日本エレキテル連合の感電パラレル』も挙げておきたい。  現在のテレビでは放送できないようなシュールでエログロなコントを大量にアップしており、彼女たちの奇才ぶりを垣間見ることができる。しかも動画を6年前から投稿しているYouTubeのパイオニアであることも特筆しておきたい。  ちなみに筆者おススメの回は『子供番組 うしろのしょうめんだあれ 粘土』である。

毒のある「ニューヨーク」とタメになって笑える「なかやまきんに君」

 続いて、元お笑い芸人で現在は関西を中心に構成作家と活動するA氏にもおススメを聞いた。 「東京03さんやシソンヌさんのようにストイックにコントをやっている芸人さんがネタをアップしているモノは何度も見ちゃいます。両組とも単独ライブを開催すると、以前まではお笑い通ばかりだったそうですが、最近は客層も若い女性や家族連れが増えてきているそうです。YouTubeの発信力ってとんでもないなぁと痛感しましたね」 「おススメは『M-1グランプリ2019』で決勝に残ったニューヨークの『ニューヨーク Official Channel』ですね。M-1では彼ららしい“世の中を斜めから見る毒っ気”を出していませんでしたが、このチャンネルではネタや企画でその毒を全開に披露しています。  日曜日午後10時から配信しているネットラジオも面白いですが、個人的におススメの回は『お笑い芸人と現役ホストがコンビで相席居酒屋に行って対決してみた!前編』ですね。この“相席居酒屋シリーズ”はリアルなドキュメントになっていますよ」 「その他ではスーパーマラドーナの『スーパーマラドーナ劇場』となかやまきんに君の『ザ・きんにくTV』ですね。スーパーマラドーナのチャンネルは、ネタ以外はとにかくM-1グランプリのトークばかり(笑)。M-1を愛してその愛ゆえに暴言を吐いた武智さんと他の芸人の名前すら定かではない田中さんの熱量の違いが面白すぎます。  3回戦終わりくらいのかなり早い段階で『ミルクボーイがいかつい!』と武智さんが予言していましたし、M-1好きは今後も必見です。きんに君のチャンネルに関しては筋トレ動画としてもおススメですし、ちゃんと笑えるので一石二鳥かと」
次のページ 
お笑い第7世代とミルクボーイの新しい試み
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事