スポーツ

プロ野球開幕延期の深刻度。選手・ファン・ビールの売り子も、みんな困ってる…

 2020年プロ野球の開幕延期に、ファンはため息。“白紙状態”のまま見通しの立たない現状は、球団や選手だけでなく、野球界をとりまく多くの人々に影響を及ぼしていた!
プロ野球開幕延期の深刻度

通常通りプロ野球が開幕していたら、今頃はファンで埋め尽くされていたはずのスタンド

プロ野球開幕延期の深刻度

「巨人の開幕戦チケットの抽選に初めて当たったのに……」「佐々木(朗希)君が観たくて千葉マリンの年間シートを買ったのに……」  新型コロナウイルスの感染拡大を受け、NPB(日本野球機構)とプロ野球12球団は4月17日、5月中の開幕断念と今季のセ・パ交流戦の中止を決定した。当初3月20日だった開幕は延期され、見通しが立っていない。この状況に、全国のプロ野球ファンからは落胆の声が漏れた。この事態は、ファンだけではなく選手や球団・球場関係者にも大きな打撃を与えている。
プロ野球開幕延期の深刻度

選手がいるはずのベンチにも人の影はなかった

「売り上げは当然、前年比0%。球場内の売店は路面店舗と違い、テイクアウトやデリバリーもできない。プロ野球が開催されなければ営業できないんです」  こう語るのは、某球場内でカレーが人気の売店を営む西浦博志さん(仮名)。 「従業員には、NPBの発表が出るたびに勤務開始日延期を伝えています。今年は新メニューも考えていて、メニューボードや包材、食材などもすでに発注済みなのに……」
プロ野球開幕延期の深刻度

プロ野球開幕延期は、売店やビールの売り子など、球場関係者にも大きな打撃を与えている

 都内の球場でビールの売り子として働くElenaさんは、「他にするバイトがなくて困っています」と、この状況に戸惑いを見せている。「無事に開幕したとしても、私たちは『ビールいかがですか~』と大きな声を出しながら行き来するので、お客さまも(飛沫を)心配するかな……? と思います」。  また、売り子歴3年目の石上結衣さん(仮名)はこう語る。 「収入が減ったのはもちろん、売り子仲間たちにも会えず、いつも買ってくれているお客さんと野球の会話をすることができなくて寂しいです」  3月のNPBの提言では、開幕しても客席でのビール販売は行わないとの案も持ち上がった。 「売り子の仕事がなくても、私はプロ野球が大好きなので、お客さんとして観戦に行きたい。だけど、野球観戦は売り子さんからビールを買うのも楽しみのひとつ。早く球場でお客さんと野球を楽しめる日が来ることを願っています」(石上さん)
プロ野球開幕延期の深刻度

プロ野球界初の感染者となった阪神・藤浪晋太郎投手には批判の声も集まった

次のページ
さまざまな戦略がすべて水の泡に…
1
2
3
プロ野球 里崎白書 Satozaki Channel Archive

YouTube登録者数22万人!!FA、DH制、パ・リーグの強さの理由…、デンジャラスサインって!?プロ野球界の実態と裏側がすべてわかる。大人気『里崎チャンネル』が一冊に

週刊SPA!4/28号(4/21発売)

表紙の人/ 菅田将暉

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事