工夫しだいで3本に1本は無料、節約映画鑑賞のススメ

◆映画鑑賞 映画代 800円
工夫しだいで3本に1本は無料

【山田洋一さん(仮名)・40歳・会社員】

 趣味の王道、映画鑑賞。山田洋一さんも月6回は自宅近くのシネコンに通う映画好きだ。「夢は映画館のようなホームシアターを持つこと」だが、「そんなに金をかけなくても、工夫しだいで映画館を限りなくホームシアターのように使える」という。

「基本、観るのは絶対に1200円のレイトショー。僕が通うTOHOシネマズには『シネマイレージ』があって、6回見ると1回無料になる。僕の場合は月イチでタダ。無料券はレイトショー以外でも使えるからお得ですよ。さらにいいのが約50回見るともらえる1か月間無料パスポート。これが欲しくて、さほど興味のない作品も観てしまったり(笑)」

 そのポイントカードのおかげで、去年1年間で見た90本のうち30本は無料になったという。そんな彼がお得さと同様こだわるのが、「いかに空いている環境で快適に見るか」だ。

「お客は10人以下でないとダメです。狙い目は平日のレイトショーか週末なら24時以降の回。混み合う公開週は避けるのは鉄則です。それからネットで座席予約をするときは、スクリーンサイズをチェックしてスクリーンの7~8割が視界に入り、かつ他人が視界に入らないベストポジションをキープします」

 隣に人が座ると落ち着かないと、自分の席の周りを仮押さえしたもののガラガラだったなんてときもあるそうだが……。

「でも、そうやって素晴らしい映画に没頭できたときは最高に幸せ。逆に細心の注意を払っても、運悪く隣に体臭のきついオヤジやうるさいカップルなんかが座ることもあって……。そうなると気を配って準備した分、動揺してしまって、作品に集中できなくなってしまうんですよ」

 今後の目標は「もっと、おおらかに映画を楽しむこと」だというが、ホント、そう思いマス。

f100330_5.jpg

公開される洋画はほぼすべて見ているという山田さん。
半券も記念に保存。1か月フリーパスポートを使うなど
して、去年は1本あたり800円で見た計算になるとか。
これは参考になるお得情報

― [ゼロ円・趣味道]の極め方【4】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事