スポーツ

フォロワー数110万人!土井レミイ杏利を直撃「僕がハンドボールをメジャーに」

フォロワー110万人「レミたん」の顔

――それにしても、昨年フランスから帰国した際、約4万人だったTikTokのフォロワー数はついに110万人を超えました。どういうキッカケで始めたのですか。 土井:TikTokって高校生が踊っているアプリくらいに思っていて、最初は友達に誘われて軽い気持ちで始めたんです。ただ、使ってみると広がりがあって、あるときは一本の動画でフォロワーが4000人も増えました。ハンドボールは日本ではマイナー競技ですし、普及するためにはまず興味を持ってもらわないと始まらない。そこで、東京五輪も控えていたし、TikTokを使わない手はないと思ったんです。 ――効果は抜群でしたね。 土井:2年前にフランスで始めた頃は週1回程度の更新でしたが、日本に戻ってからは、ほぼ毎日更新。なかには動画を見てハンドボールを始めたという人までいて嬉しかったです。でも、まさかこんなに早くフォロワーが100万人を超えるとは思わなかったですね。 ※8/25発売の週刊SPA!のインタビュー連載『エッジな人々』から一部抜粋したものです 【Anri Remi Doi】 ’89年、フランス人の父と日本人の母の間にフランス・パリで生まれ、千葉県で育つ。日体大を卒業後、渡仏しシャンベリー(1部)、シャルトル(2部)で6年間プロとしてプレー。現在は大崎電気に所属。ポジションは左ウイング。日本代表主将。181㎝、80㎏ 取材・文/栗原正夫 撮影/ヤナガワゴーッ!
1
2
週刊SPA!9/1号(8/25発売)

表紙の人/ 亀梨和也

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠