ライフ

丸亀製麺 、話題の1780円「神戸牛づくし膳」を実食。“史上最高の贅沢”のお味は

さっそく実食してみると…

 まずは「神戸牛うどん」から実食。今回はぶっかけを選択したが、コシのあるうどんと甘辛く味付けられた牛肉がよく合う。かなりしっかりサシが入った神戸牛の脂の甘みが口の中に広がり、かなりの満足感が得られる。
神戸牛うどん

神戸牛うどん

 続いて、「神戸牛すき焼き」。こちらは牛肉のほかに豆腐、春菊、長ねぎ、まいたけ、たまごに入っている。濃いめの味付けでしっかり煮込まれていて、ともかくご飯が進む。うどんと味付けの方向性がかなり似通っている点は気になるものの、格安チェーンで提供される一品としては十分に楽しめる
神戸牛すき焼き

神戸牛すき焼き

 最後に口にした「神戸牛おろし和え」はほかの2品と異なり、冷製仕立てでさっぱりとした味わい。大根おろしの風味が爽やかで、このセットにおいては副菜のような立ち位置だが、本来ならこちらもご飯が進むメインになれるうまさだ。
神戸牛おろし和え

神戸牛おろし和え


満足度は高いが、惜しむらくは…

 いつもの丸亀製麺の感覚で考えるとかなり値段は張るものの、いずれの料理も神戸牛が惜しまず使われていて、十分に納得ができる。全体的に味が濃いめなため、お腹のキャパシティが許せば、ご飯を3膳も4膳も食べたくなるほどだ。
ねぎトッピング

ねぎをたっぷり乗せて味を変える

 ただし、惜しむらくはどの料理も似通った肉質の牛肉を使用しているため、食べ進めるとだんだんと飽きがくる。特にうどんとすき焼きは似通った味付けなこともあり、無料トッピングのねぎや天かす、ゴマなどを駆使し、大きく“味変”をしたくなってしまう。
神戸牛づくし膳

ごちそうさまでした!

 今回は残念ながら9月20日までの限定発売。再登場の際にはそれぞれ単品での提供もあるとうれしいのだが……。丸亀製麺さんの英断、期待しています!
1
2
テキスト アフェリエイト
Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠