デジタル

ラブプラス、セカイカメラに使われる【拡張現実】ってなんだ?

現実環境に情報を付加する「拡張現実(AR)」技術。その革新速度はめざましく、広告だけではなくゲームにも本格導入され始めている。ARでゲームがますます面白くなりそうだ

◆スマホ普及でARのゲームや広告が増加

 AR技術は現実の風景にデジタル情報をかぶせて見せる。SF映画では、サイボーグの視界にレーダーや方位、コンピュータからの情報が表示されるが、あれが一番ベーシックなARである。

 当初は産業や医療での活用が期待されていたARだが、スマートフォンの普及が状況を一変させた。スマートフォンを使えば、誰もがどこでもARを利用できるからだ。

 この3年ほどの間に広告業界、ゲームやオモチャなどのエンターテインメント業界が一気に参入、ARの認知度は急速に高まっている。

電脳フィギュアAris

『電脳フィギュアAris』お気に入りキャラとPC画面で戯れる

 前述(http://nikkan-spa.jp/171507)の『NEWラブプラス』には別途で専用ARマーカーが用意されている。DSの画面にマーカーが入るとアプリケーションが連動、マーカー上にキャラクターの映像が立ち上がるのだ。これが現在のAR製品の基本的な使い方だ。専用アプリケーションをスマートフォンやノートパソコンなどのデジタル機器で読み込んでおき、対応したマーカーをカメラに映すとそこにAR情報が読み込まれる。CGだけではなく、動画や音楽、製品情報などを流したり、商品サイトにリンクを飛ばすこともできる。

 マーカーの代わりに、GPSによる位置情報を使って情報を呼び出す方法もある。『セカイカメラ』はユーザーが座標に情報をポストイットのように貼り付けていく、空間の口コミメディアだ。喫茶店の前でスマートフォンをかざせば、オススメメニューや店の感想、思い出など他のユーザーの書き込みが宙に浮いたタグに現れるのだ。

セカイカメラ

『セカイカメラ』モニタを覗くと街全体がSNSに

【電脳フィギュアAris】
芸者東京エンターテインメント/対応機種:PC/9800円
’08年に発売されたARの先駆的製品

【セカイカメラ】
頓智ドット/対応機種:Android端末・iPhone・iPad/無料
ARを使った次世代SNS

― 遊べる[拡張現実]プロダクトガイド【2】 ―




おすすめ記事