恋愛・結婚

帰省のトラウマ。久しぶりに再会した彼から、まさかの“お願い”

 今年は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、年末年始の帰省を躊躇している人も多いはずだ。だが、コロナ関係なしに、帰省をする気が全くないという人もいる。  神楽ゆかさん(27歳・仮名)は去年、「帰省した際に悲惨な体験をした」とか。いったい、何があったのか。

昔の片思い相手から飲みに誘われて…

胸キュン

※写真はイメージです(以下同)

 神楽さんは現在、東京住まいでOLをしているが、生まれは北海道。年末年始は「寒いし、繁忙期で航空券も高いから」と、帰省しないことが多かった。だが、去年の年始はある理由から久々に帰省したという。 「急に幼なじみから『お前、年末年始帰って来ないの?』って連絡があったんです」  その幼なじみとは、神楽さんの一歳年上の男性で、昔片思いをしていた相手だったそうだ。 「昔は子どもだったし、告白してフラれたら気まずいからってアピールすら出来ませんでした。田舎はすぐ噂が広がりますし。それで、そのままお互い上京してLINEは知っている程度の関係だったんです。それが、いきなり地元で飲みの誘いって……なんかちょっとテンション上がっちゃって」  確かに、幼なじみと数年ぶりに再会し、そのままゴールインなんて話は何回か聞いたことがある。 「ちょうど彼氏もいなかったし、チケット代は痛かったけど帰省することにしたんです。なんだか浮かれちゃって、帰省前に美容院に行ったり、ネイルケアを頑張ったりしました。“前よりキレイになったな”って思われたいじゃないですか」  新しい洋服も購入し、再会の日を待った神楽さん。待ち合わせに指定されたのは、地元でも穴場なカジュアルレストランだった。 「久々に見る彼は、やっぱりかっこよかったんです。LINEのアイコンを見る限り一切容姿の衰えもなかったんだけど、実物の方が良くてニヤニヤしちゃいました。とりあえずビールで乾杯して、お互いの近況とか話しあったんです」

「今彼氏いるの?」の言葉に期待していたら…

 仕事のことや現在住んでる地域のことなどを色々話した二人。1時間ほどしたところで、ついに「今、彼氏いるの?」と聞かれたという。 「ついにきたーーー!って感じでしたね(笑)。わざわざ幼馴染と会うには、店のチョイスも頑張ってくれている感じだし、これはワンチャンあるかも? って。だから上目遣いで『今はいないんだよね。全然出会いもなくて』と答えたんです。それが、彼の反応は『ふーん』だけで薄い。あれ、何か私の期待してた反応と違うなぁと」  神楽さんが困惑していたら、彼が急に笑顔になり『紹介したい人がいるんだ! いま、着いたみたい!』と、エントランスに出ていったという。そして、連れてきたのが――。 「女だったんです。なんていうかハムスターみたいな小さい女。確かに可愛い顔はしてたんですが、知らない顔だったんで私もキョトンとしてたんです。そしたら、いきなりハムスター女の肩を抱いて『今度結婚する嫁のななちゃん』って言うんです。もう全然意味がわからなくて、『はぁ……』としか言えなかったです」
次のページ
久しぶりに再会した彼から、まさかの“お願い”
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事