お金

コロナ禍で拡大する“投資格差”。 お金偏差値を上げる方法とは/足立武志

「楽しむ、勉強する」気持ちが大切

「むろん、2020年の株価上昇が今後も続くかどうかは誰にもわかりません。株式投資はそんなに甘くありません。しかし、誰かの意見を妄信するのではなく、自分の頭でしっかり考え、大きな損失をできるだけ避けつつ、そこそこのリターンを目指すための実践的な知識を得ていくことが『お金偏差値』を少しでも上げるためには必要なのです」  株式投資を始めれば、投資の成果である利益だけでなく、ビジネスにも役立つ知識も身に付く。 「株式投資を始めると、今まではスルーしていたたくさんのニュースが、自分自身の情報のアンテナに引っかかってくるようになります。それもそのはずで、しっかりと必要な情報を自分自身でキャッチしなければ、株式投資で失敗してしまう可能性が高まってしまうからです。残念ながら『しっかり学ぼう』という気持ちよりも『儲けよう』という気持ちが強いと、経済やマーケットについてはほとんど勉強せず、単に『オススメ銘柄』に投資するだけになってしまいがちです。それではなかなか株式投資で成果を出すのは難しいのです」  世界中の中央銀行がコロナ対策のためにお金をどんどん刷って、金利をゼロ近辺まで下げて景気を刺激している中、銀行にお金を預けていてもまったく増えない。それを嘆くだけでなく、「だったら投資を始めて、自分の資産や老後は自分で守ろう」という自己防衛本能を働かせることが大切なのだ。

「株式投資デビューできない」症候群につけるクスリとは?

 もちろん、世の中には「株式投資デビューできない人」も多い。確かに株式投資を始めるためには数十万円のまとまった資金が必要になる。「まずは、少しでも貯金することから始めるに越したことはありませんが、10万円でも買える株はいくらでもあります。以下のステップで、ちょっとしたゲームを楽しむぐらいの軽い気持ちで始めてみてもいいでしょう」 ●ステップ1 まずは証券会社に口座を開く ●ステップ2 初心者向けの株式投資の本を読む ●ステップ3 試しに数万円で買える株を買って売買に慣れる ●ステップ4 『会社四季報』などを読んで投資したい会社を自分で探す  足立氏の新刊は、ある程度株式投資に慣れて「どうやったら株式投資で損をせず、利益を上げ続ければいいのか」という疑問にあたったときに使える一冊なので、ぜひ一読してほしい。足立公認会計士事務所代表 公認会計士・税理士・ファイナンシャルプランナー 株式会社マネーガーディアン代表取締役 個人投資家の「困った!」を解決する公認会計士。1975年神奈川県生まれ。一橋大学商学部経営学科卒業。資産運用に精通した公認会計士として個人投資家向けに有用かつ実践的な知識・情報をコラム、セミナー、書籍、ブログ等で提供。 楽天証券の金融情報サイト・トウシルのコラム「知って納得!株式投資で負けないための実践的基礎知識」の連載は実に11年、570回に達する。 『株を買うなら最低限知っておきたい ファンダメンタル投資の教科書 改訂版』『株を買うなら最低限知っておきたい 株価チャートの教科書』(ダイヤモンド社)など、株式投資本の著書10冊超、累計発行部数は20万部超。ベストセラー株式投資本の著者としても、多くの投資家の支持を集めている。 株式投資スクリーニングソフト「マーケットチェッカー2」の開発にも関わる個人投資家でもある。 ・公認会計士足立武志ブログhttps://kabushiki-adachi.com/ ・無料メールマガジン「上位10%の負けない株式投資」http://makenaikabushiki.com/lp_mail/
1
2
お金偏差値30からの株式投資

株式投資でしっかりお金を稼ぐための「実践的金融リテラシー(能力)」をまとめた画期的な株式投資の実践的入門書
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事