ライフ

コンビニ各社の「二郎系ラーメン」競争が過熱。夕食難民の増加を背景に

 器から大きくはみ出るほどに盛られたもやしとチャーシュー、こってりスープに“ワシワシとした食感”と表現される太くて硬い麺。最近、コンビニ各社で「二郎インスパイア系」などと呼ばれるラーメン屋とのコラボ商品を目にする機会が増えた。

コンビニ各社が“二郎インスパイア系ラーメン”競争

コンビニ

※写真はイメージです

 セブン-イレブンは「中華蕎麦とみ田」、ファミリーマートが「千里眼」、ローソンでは「麺屋一燈」。  まさに三つ巴状態である。名店の味をレンジで温めて手軽に楽しめることが魅力だが、なぜ、コンビニで二郎インスパイア系ラーメン競争が生まれているのか。その背景を探るべく各社に問い合わせてみたところ、コロナ禍の影響も見えてきた。

セブン-イレブンの豚ラーメンはリニューアルを重ねて三代目

 コンビニ各社の二郎インスパイア系ラーメンを見てみよう。  セブン-イレブンは、千葉県松戸市の有名店「中華蕎麦とみ田」店主が監修した商品を2019年1月に発売開始。コンビニの二郎インスパイア系ラーメンとして思い浮かべる人も多いかもしれない。
セブン-イレブン

セブン-イレブンの「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン」

 2020年2月にリニューアルされ、ニンニクの重量が約3.5倍に。そして累計販売数は、同年のセブン-イレブンのカップ麺カテゴリーでも1位になったとか。  消費者のニーズがうかがえるが、2021年2月のリニューアルで3代目となる「中華蕎麦とみ田監修 三代目豚ラーメン(税込み594円)」では、さらに背脂ニンニク(※刻んだニンニクと背脂とラードを合わせた特製の調味料)を増量し、より豚骨醤油スープの“豚感”アップがはかられているという。
次のページ
コロナ禍の外出自粛に“おうちで人気店の味”の需要高まる
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事