仕事

コロナ禍で悩みを抱える新入社員たち。数ヶ月で辞めた原因とは

 去年、コロナ禍で採用取りやめや内定取り消しなどがあった。就職の難しい1年だったが、新卒で入社しながら1年未満で会社を辞めた人たちは少なくない。この厳しい状況でなぜ退職を決断したのか。
新入社員

※写真はイメージです(以下同)

 背景にはコロナならではの問題があった。しかし、それだけではないようで……。

2ヶ月で退職した“営業のできる声優”会社員「気づけば“コロナ商材”の営業を…」

 ゲームや洋画の声優として活動するゆいさん(23歳・Twitter:@YUI_TENSHOKU812@califeyoshino)は去年6月、新卒で入社した会社を退職した。 「退職するか、とても葛藤しました。でも、心が疲れて仕事を休んだある日、人事部長に『辞めます』とメッセージを送っていました」  とても明るい性格で負けず嫌いのゆいさん。大学時代から声優として活動しており、卒業後も声優としての道を考えていたため、もともと就活はしていなかった。  しかし今後のキャリアを心配していた母親から、「まずは正社員として働いてみたら」と提案があった。ゆいさんも、女手ひとつで大学まで通わせてくれた母の期待に応えたいと就活を決心、声優の活動は控えめにすることにした。  就活を開始した時、すでに大学4年の11月。間に合わないか、とダメもとで面接に挑むと、あっさり内定が出た。   「入社してみると、コロナ禍でもフル出社する会社でした。配属された部署での仕事は、当初聞かされていたのとはまったく別物で、気がついたら、マスク、アルコール、アクリルパーテーション、次亜塩素酸水などのいわゆる『コロナ商材』をひたすら売る日々でした。営業の電話は1日100〜200件していたと思います」  同期に負けたくないという思いで朝8時〜深夜0時頃までコロナ商材の営業電話とリスト作成を行った。すぐに150万円の収益を出すなど着実に結果を出した。社長から成績優秀社員が呼ばれる食事会に誘われるなど輝かしいスタートを切った。そんな時、社長の裏の顔を目にしてしまう。

先輩社員と交流の場なく、悩み吐露もできず

「社長が結果を出せていない社員を罵倒していたんです」  年に数回開かれる社内の表彰式での出来事だった。社員を守るために赤字しないようにと、社長も必死だったのかもしれない。ただ、汚い言葉で社員を罵倒する社長の姿を見てしまった。そこから会社のやり方に疑問を抱き始めた。というのも、会社の定時は10〜22時、うち2時間休憩となっているが、全く守られていなかった。さらにゆいさんの同期もすでに数人辞めていた。 「これからも働けるのかな。大丈夫かな」  不安は募った。しかし、「社長ってどうなの?」と軽く話せる場所はなかった。コロナで飲み会などはなかったので、先輩社員とはそこまで仲を深められず、機会は少なかった。  残業も多く、ボイトレなどの声優活動もほとんど出来ていなかった。「辞めたいけど辞めたら短期離職になる。でも声優活動も続けたい」。そんな自問自答を繰り返していた。頑張り続けてきたが限界を迎えた。プツリと糸が切れてしまい、食事会前日に退職した。 「コロナ禍での退職でしたが、全く後悔していないです! 今は別の会社に転職して、前職よりも自由度が高くて嬉しいです。自分の裁量で残業出来るので定時であがる日は定時で、残業する日は24時までなど、自分で決められるのが助かっています」  『営業ができる声優アイドル』として名をはせるべく、今日も努力している。
次のページ
研修なしで配属、サービス残業、休日出勤…
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事