恋愛・結婚

ケチ男、ケチ女の不愉快極まる生態【飲み会&食事編】

割り勘

小さい金額にこだわればこだわるほどに、人間の度量は小さく見られる

 男にせよ、女にせよ、絶対的にモテない要素の一つにケチという要素がある。このケチ、笑い話で済ませている分にはよいのだが、周囲の人間を不快にさせる飛び道具にすらなるから注意が必要だ。

 そこで今回はケチな男女の話を根掘り葉掘りと集めてみた。人の振り見て我が振り直せ……ケチ男、ケチ女の不愉快な生態とは?

「30代後半の男性主任は、部下と飲んでも奢らない、10円単位まで割り勘にする社内では有名なケチ男でしたが、マンションを購入してからさらにケチ度に拍車がかかって社内じゃみんな渋面です」(26歳・メーカー勤務の女性)

 この上司、少しでも家計の負担を減らすために会社の備品をせっせと持ち帰っているという。

「トイレットペーパー、コピー用紙などの文具を我が物顔で持ち帰りようになったんです。最初は『家買うと大変だねぇ~』って。でも、それなりに稼いでる人間がやるとみっともないですよね。さすがに給湯室の洗剤やトイレの掃除道具を持ち帰り始めて、みんながこりゃやり過ぎだってことになって、上司から呼び出し(笑)。『お前、どんだけせこいドロボウだ!』って叱られてました」

 このように、ケチも度が過ぎると笑い話も同情もなくなるのである。
 
 では、どの辺りからケチは不愉快に感じられるのか、巷のケチエピソードを集めてみた。


【飲み会&食事編】


「10円、1円単位まで割り勘にするヤツがいると飲みの酔いも醒める。余ったら2軒目に回すって発想はないのか? イラッとしますね」(31歳・男・メーカー)

割り勘小銭

飲み会の会計で男と女は同額、小銭まで要求する男は間違いなくお里が知れる


「飲み会やって男と女で値段に差を付けない男とは絶対に付き合いたくない。そんな平等いりません!」(29歳・女・金融)

「大皿料理を取り分けする時に自分のだけ肉を多めにしたり、大きくする男って意外と多い。どうせなら『俺、これ大好物なんだよね!』とか茶目っ気を出してくれたら許せるのに」(28歳・女・デパート)

「会計する時に『じゃあ俺が』ってカードで払ってポイント溜めてるヤツ見てると、なんか哀しくなる」(33歳・男・広告代理店)

「ファミレスのドリンクバーからコーヒーフレッシュ、スティックシュガー、おしぼりを大量に持って帰るおばさんを見てると、ああはなりたくないと……」(24歳・女・アパレル)

「会社の同期の家にある皿や灰皿、フォークなどはよく見ると『和民』とか書いてある。最初は笑ってたけど、完全に犯罪。会社のみんなでそいつの家で家飲みした時に、女のコたちが全員ドン引き」(32歳・男・SE)

「飲み会の2次会で調子に乗ってけっこうな量のフードを頼んだら、相手の女のコの一人が真顔で『嫌いな物だってあるし、給料日前でお金がない人もいるんですよ。もうちょっと考えてください』と怒られた。270円居酒屋で言われた衝撃の一言でした。カネないなら飲み会来るなよ……(28歳・男・公務員)」


 割り勘問題は多くの声が聞かれた、「そいじゃあ一人3720円ずつね」って言われたら「4000円でいいよ、次に回せ!」と言いたくなるものか。

「ママ友たちと食事でバイキングに行った時によくあるんですが、子供の年齢を偽ってお金のかからないようにしている人ってけっこういるんです。あと、果物とか持ち帰ろうとする人も……。みっともないからヤメてほしい」(33歳・女・主婦)

取材・文/テポドン

◆関連書籍
節約おかずベスト158 (別冊エッセ)

ケチより賢い節約!




おすすめ記事