仕事

元セクシー女優・上原亜衣の画像に計900万円。本人が語る「NFT」の実力とは

今話題の「NFT(非代替性トークン)」がバブルの芽になっている。これまで、デジタルアートは簡単にコピーができるなどの理由から、絵画や彫刻のようには市場取引が行えなかった。しかし、ブロックチェーンを応用したNFTは、インターネット上のアート作品を含むデジタルデータの所有権を保証することができるのだ。

NFTの技術を用いたオークションが活況

 NFTの技術を用いたオークションは活況で、VRアーティスト・せきぐちあいみ氏の作品には約1300万円の値がつけられるなど大きな可能性を秘めている。

上原亜衣さん

「春くらいに友人から『これから必ず流行する』と教えられてNFTの存在を知りました。これまで株、FX、仮想通貨と、投資関連のことは一通りやってきたので、俄然興味が出てきちゃって」

 こう話すのは、元セクシー女優で現在はYouTuberとして活躍する上原亜衣さんだ。彼女も自身のNFTアートを、専門のマーケットプレイス「ラリブル」で3点販売し、初日で100万円近い値がついたことが話題になった。

作品が売買されるたび、永遠にマージンが入る

「カッコいい雰囲気のものが売れていたので、かわいさは控えめにして、サインやキスマークを入れてオリジナル感を出すことを意識しました。最初は数万でも値段がつけばいいと思っていたのでびっくりです」

上原さんが制作し、最終的には日本円でおよそ600万円の値がついたという「Ai HODL Bitcoin ‒ Love」。現在は非売品

 ラリブルは、NFTをオークション形式で売買するプラットフォームで、決済はすべてイーサリアムという仮想通貨で行われる。上原さんが最初に出品した作品に、アジア圏を中心とした海外の熱狂的なファンたちが次々と高値をつけた。

「今後の値上がりを期待する転売目的の需要が高いのか、今の価格で3枚で900万円くらいになりました。さらに、NFTが画期的なのは、私の作品を購入した人がそれを転売しても、転売益の10%が作成者に支払われるんです。作品が売買されるたび、永遠に私にもマージンが入ってくるってすごくないですか!」

動画作品の出品も

 現在もコンスタントに作品をアップしており、最近では動画作品の出品も始めた上原さん。外国人に何がウケるのかを試行錯誤している最中だという。

「日本ではNFT自体の知名度がまだ低いですが、興味を持って私の話を聞いてくれる人も増えてきました。これが浸透して、アーティストとファンが直接結びつくようになったら素敵ですよね」

 ラリブルのほかにも、活況を見せるNFTプラットフォーム。引き続き注目しておこう。

【YouTuber・上原亜衣さん】
’92年、福岡生まれの東京育ち。セクシー女優としてトップに上り詰め、’16年に引退。現在はYouTuberとして精力的に活動。投資、サプリプロデュースなどを行う

<取材・文/週刊SPA!編集部>
※週刊SPA!5月25日発売号より