恋愛・結婚

結婚相手を「恋愛の延長」で探す男は結局、うまくいかない理由

美人との結婚を望む32歳公務員の婚活

lady 先日、相談に来た公務員のトシオさん(仮名・32歳)は「美人と結婚したい」という考えをお持ちの方でした。  今までそこまで恋愛経験はないものの、紳士的で仕事もでき、人当たりもいいのですぐにお見合いは決まり、たくさんのご縁に恵まれました。  その中でとても美人で笑顔の素敵なユカさん(仮名・30歳)と真剣交際まで進みました。  トシオさんは見た目もタイプな彼女に対してとても前向きで、すぐにでも成婚退会をしたいと考えていましたが、やはり大切なのは結婚後の生活です。

成婚に近づくほどに気になってくる価値観のズレ

 ユカさんは専業主婦を希望しており、ポジティブでさまざまなことにチャレンジされるような男性を望んでいました。  なぜ「チャレンジするほうがいい」と思っているかというと、ユカさん自身が多趣味で、結婚後夫婦でいろんな趣味を満喫し、保守的にならず、環境の変化に臆することなく楽しみたいとのこと。  結婚に向けて話をするうちに、トシオさん自身は安定を求めており、できれば働けるうちはパートでもいいので働いてほしいと感じるようになりました。 「すべて自分に経済的な面を求められるのはちょっと不安があります。子供ができたらもちろん自分の収入で支えたいと思いますが……」  それ以外にも結婚生活で求める考え方を話せば話すほど、「なぜ自分をいいと思ってくれたんだろう」と感じるようになっていきました。
次のページ
トシオさんが最終的に下した決断は…
1
2
3
Cxenseレコメンドウィジェット
おすすめ記事