スポーツ

“3人で年収367億円”の衝撃…パリ・サンジェルマンの台所事情を探る

サッカー長者を集めたサッカークラブ

まさに銀河系軍団といった面々だ

 パリ・サンジェルマンというフランスのサッカークラブが、日本で旋風を巻き起こした。  プレシーズンマッチとして川崎フロンターレ、浦和レッズ、ガンバ大阪のJリーグのチームと対戦する予定で、7月17日に来日。サッカーにさほど興味がない人でも名前を聞いたことのあるであろうアルゼンチン代表リオネル・メッシやブラジル代表ネイマールに加え、前回ワールドカップで新鋭ストライカーとしてフランス代表の優勝に貢献したキリアン・エムバペら豪華なメンバーがやってきた。  ここに挙げた3人の選手は高給としても名を馳せている。米経済誌『フォーブス』が発表する2022年度版アスリート長者番付では、1億3000ドル(約178億円)を稼いだメッシが首位で、ネイマールが9500ドル(約130億円)で4位、エムバペが4300ドル(約59億円)で35位にランクインしている。  サッカー選手で50位以内に入った選手は、その3人を含めて5人しかおらず残りの2人はマンチェスター・ユナイテッドに所属するポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(1億1500万ドル/約158億円/3位)と、リバプールに所属するエジプト代表のモハメド・サラー(4500万ドル/約62億円/33位)のみとなっている。  ちなみに、その他にランクインしたアスリートと挙げると、1億2120万ドル(約166億円)を稼いだバスケットボールのレブロン・ジェームズが2位、同じくバスケのステフィン・カリーが9280万ドル(約127億円)で5位、ゴルフのタイガー・ウッズが6800万ドル(約93億円)で14位、テニスの大阪なおみが5920万ドル(約81億円)で19位、大谷翔平の同僚であるマイク・トラウトが4950万ドル(約68億円)といった様相だ。

高額選手を集められるワケ

 そんなサッカー選手の長者トップ5のうち、3人も所属するパリ・サンジェルマンは、なぜ高額な選手を取りそろえることができるのだろうか。  パリ・サンジェルマンは決して歴史のあるクラブではない。1970年に2つのクラブが合併してできたクラブで、ヨーロッパで名を馳せるようなメガクラブに比べるとその歴史は浅い。創設から4年後の1974年にトップリーグへの昇格を果たし順風満帆な出だしとなったが、そこから40年近くは降格こそないものの、数年に一度の割合でタイトルを獲得する程度で、今ほど圧倒的な強さを誇ったわけではなかった。  クラブとして大きな転機を迎えたのは2011年で、カタール・スポーツ・インベストメントがクラブの筆頭株主となってナセル・アル・ケライフィ氏が会長に就任し、現在の礎を築き始める。莫大な資本を得たクラブは次々と名のある選手を獲得。2012-13シーズンから昨シーズンまでの10年間で8度のリーグ優勝を経験するなど、まさに黄金期を迎えている。
次のページ
投資は回収できているのか?
1
2
テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ