お金

90万円で買ったノーチラスは1900万円に。腕時計投資は「転売」行為なのか?

90万円で買ったノーチラスは現在1900万円

腕時計

約90万円で購入⇒現在1980万円

 今から20年前、中3のときにパテックフィリップアクアノートを購入し、高1になってからはノーチラスを購入した斉藤由貴生氏。アクアノートは62万円、ノーチラスは約90万円だったが、現在の中古相場はアクアノートが約800万円、ノーチラスは1900万円程度となっている。  では、買った当時、アクアノートとノーチラスが入手困難だったかというと、まったくそんなことはない。むしろ、ノーチラスに関しては、新品を約90万円で購入。当時の定価、約135万円よりもだいぶディスカウントされた状態でも、誰も欲しがっていない状態だったという。しかし、今やそれが世界中の富裕層から需要があるアイテムへと変化しているわけで、特にノーチラスについては、若い人を含め多くの人から「憧れのアイテム」となっている——。

腕時計投資は転売行為なのか?

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。  先日インタビューを受けた際の質問で、腕時計投資と転売行為がごっちゃにされているという場面に遭遇しました。インタビュアーの方に悪意はなさそうでしたが、私としては意外でした。そこで私は、自分が思っているよりも「腕時計投資」をきちんと理解されている方が、実はそこまで多くないのではないかという現実を認識したわけです。  というわけで、今回は「腕時計投資」の基本について、「転売」との違いを説明。詳細は、動画で紹介する。
【斉藤由貴生】 1986年生まれ。日本初の腕時計投資家として、「腕時計投資新聞」で執筆。母方の祖父はチャコット創業者、父は医者という裕福な家庭に生まれるが幼少期に両親が離婚。中学1年生の頃より、企業のホームページ作成業務を個人で請負い収入を得る。それを元手に高級腕時計を購入。その頃、買った値段より高く売る腕時計投資を考案し、時計の売買で資金を増やしていく。高校卒業後は就職、5年間の社会人経験を経てから筑波大学情報学群情報メディア創成学類に入学。お金を使わず贅沢する「ドケチ快適」のプロ。腕時計は買った値段より高く売却、ロールスロイスは実質10万円で購入。著書に『腕時計投資のすすめ』(イカロス出版)と『もう新品は買うな!』がある ※参考記事(動画の内容は掲載時2022年03月20日のものです)⇒90万円で買ったノーチラスは1900万円に。腕時計投資は転売行為なのか?
SPA!が運営するYouTubeチャンネル。サラリーマンが実践する副業をはじめ、今後要注目のベンチャービジネス、投資、ちょっぴり怪しい稼ぎ方。探偵団パパイとゆなしゃんをナビゲーターに、SPA!媒体(週刊SPA!・日刊SPA!・女子SPA!・bizSPA!フレッシュ)が取材した最新情報はもちろん、ゲストを招いたインタビューまで。世の中に存在する、お金にまつわるノウハウを紹介します

◆YouTubeチャンネル『隣の金持ち探偵団』(※毎週土日18時頃更新)
https://www.youtube.com/channel/UCyDBiXIL1PbZS7nQ1DktuDQ

◆チャンネル登録はコチラ!
https://bit.ly/3FqWYfY

テキスト アフェリエイト
新Cxenseレコメンドウィジェット
Pianoアノニマスアンケート
おすすめ記事
おすすめ記事
Cxense媒体横断誘導枠
余白
ハッシュタグ