ライフ

元ラブホ従業員が遭遇した“地獄絵図”…「豚骨ラーメンが食べられなくなった」――2023年大反響トップ10

2023年、反響の大きかった記事からジャンル別にトップ10を発表。世間を騒がした「困った客」部門、店員が本音を語る迷惑客の数々から第5位はこちら!(集計期間は2023年1月~10月まで。初公開2023年9月4日 記事は取材時の状況)  *  *  *  東洋一の歓楽街とも言われる歌舞伎町。その中心地とも言えるTOHOビルや歌舞伎町タワーを超えた、ホストクラブをはじめ夜の店が乱立する一角のラブホテルで、スタッフとして働いていたのが杉山春樹さん(仮名・30代)だ。  そこは歌舞伎町ではかなりの格安店で、1番リーズナブルだと「休憩4000円前後・祝前日でも宿泊1万円以内」で借りられる部屋もあった。ただそのぶん「民度の低い客が多かった」と杉山さんは振り返る。  欲望渦まく街だからこそ見えてきた、様々な痴情のもつれや、理解し難い迷惑客に遭遇してきた体験を明かす。
ラブホ 風呂

©akiyoko

ハンバーガーの紙袋が20個ぐらい散乱

 杉山さんが1番メンタルをやられたのが、「排泄物や吐瀉物まみれに汚された部屋を清掃すること」だったという。 「2〜3日に1回は、吐瀉物や排泄物が残った部屋を片付けていました。よくあるのがジャグジーの噴出口に吐瀉物が詰まっているケース。ただ単に、泥酔された方が嘔吐してしまったならまだ事情はわかるのですが、吐瀉物とローションが混ざった状態で流されていることが多く……。吐瀉物とローションが混ざったスライムのような物体が、噴出口からボコボコと湧き上がってくるのは地獄絵図でした。  吐くのがプレイの一環なのかはわからないですが、一度、確信犯だと思った出来事がありました。その部屋はバスルームに吐瀉物が撒き散らされていたのですが、もっと驚いたのはベッドの上にハンバーガーの紙袋が20個ぐらい散乱していたこと。もうその一室はファストフード特有の油っぽい匂いと、吐瀉物の匂いが混ざり合っていて、かなり強烈でしたね

部屋の10箇所ほどに排泄物が…

杉山春樹さん

杉山春樹さん(仮名・30代)

 なかには、バスルームやトイレだけでなく、部屋中に排泄物が撒き散らされていたこともあったという。 「これまでで1番衝撃的だったのは、かつてないほどの激臭で、部屋の扉を開けた瞬間に思わず涙が出てしまったことです。排泄物だけでなく、ホームレスの体臭をキツくしたような匂いに、吐瀉物の匂いなど、いろいろな激臭が混ざって、息を止めないと部屋に入れないほど……。  その後、部屋を掃除していると、テレビ画面の裏側や棚の裏側など、10箇所ほどに排泄物がくっついていたんです。おそらく女性が排出したものなのか、ウサギのフンのような大きさのものがアチコチに散乱していて呆然としました。  結局、ドアや窓を開放したままで掃除しましたが、あまりの匂いにその部屋は1日貸し出し禁止になり、フロア全体にも匂いが漏れてしまう始末。これは清掃でよくある話なのですが、水回りのバスルームの掃除をすると、蒸し返して匂いが充満してしまうんです」
次のページ
豚骨ラーメンが食べられなくなってしまった…
1
2
3
おすすめ記事