R-30

ティーン向けのカワイイ雑貨店で痩身ベルトを販売!?…不良品も

余裕なき組織が現場の人間に課す「ノルマ」という名の“十字架”。そのあまりの重みに耐えかねた悲痛な叫びは、今日もあちらこちらで上がっている。今、あなたのすぐそばでも起こっている、サラリーマンを襲う壮絶なプレッシャーの現実に刮目せよ!

◆ファンシーな高校生向け雑貨店で痩身ベルトを販売

【ノルマ:痩身電動ベルト10個/月】
渡辺美穂さん(仮名)30歳・アパレル

アパレル ティーン向けのカワイイグッズが並ぶ雑貨チェーンに勤めていたんですが、ダイエットグッズを売らされていました。

 運営している本社から、月に10個の痩身電動ベルトを売るノルマが……仕入れ元の問屋が痩身ベルトを余らせてしまった関係で、ほかの人気商品と抱き合わせで仕入れさせられたみたいで。でも、ヘアゴムとかピアスとかのカワイイものが主力商品で、高校生中心の客層だから、そんなの売れるわけがないんですよ。ときどき、珍しくおばちゃんがお店に来て、ワゴンに山積みのベルトに興味を持ってくれたのを目ざとく見つけて、「通販より安いですぅ!」と必死にトークして買わせましたね。

 ノルマが達成できないときは、店長が自腹で買うこともありました。自腹で買ったものが不良品だったこともあったので、買わせた商品にも不良品が交ざってたんだろうなあ……。

― 実録[過酷すぎるノルマ]選手権【12】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事