ニュース

【33歳人妻】中国初「女性宇宙飛行士」の正体

神舟9号,女性宇宙飛行士,中国,劉洋

4度目の有人飛行となった

 中国の有人宇宙船「神舟9号」が6月16日午後7時37分(日本時間)、甘粛省の酒泉衛星発射センターから打ち上げられ、無事成功した。神舟9号は今後、宇宙に20日間滞在し、その間に地球を周回している無人宇宙実験機『天宮1号』へのドッキングを行う予定だ。

 宇宙開発大国を目指す中国にとっては、すでに4度目となった今回の有人宇宙飛行だが、神舟9号には2人の男性飛行士とともに同国初の女性飛行士が乗務。さらに彼女は船外活動も担当しており、人民たちの注目を集めている。

「使命、責任感そして宇宙事業への愛が、あらゆる困難を乗り越える原動力となっています」

 発射を前にした記者会見で、笑顔でこう語った彼女の名前は劉洋。世界でも56人目の女性宇宙飛行士となる。1978年生まれの33歳で、人民解放軍の空軍将校を務める、飛行歴11年のエリートパイロットだ。

 河南省の貧しい共働き労働者夫婦の家庭で一人っ子として育った彼女だったが、持ち前の勤勉さと勝ち気な性格で、小学校から高校までの成績は常にトップクラスだったという。

 大学受験時には、中国の重点大学にも合格できる十分な実力があったものの、彼女は自らの進路として、学費のかからない空軍飛行学校を選択。これが、彼女が中国初の宇宙飛行士となる、最初のきっかけとったのだった。

 こうした庶民的な生い立ちから、文字通り宇宙へと羽ばたいた彼女には、中国版ツイッター「微博」上でも称賛の声が相次いでいる。閉塞感漂う格差社会のなか、人民たちの希望の星ともなっているようだ。

神舟9号,女性宇宙飛行士,中国,劉洋

貧民家庭の子が宇宙飛行士になったと美談に

 同時に彼女は、同僚パイロットの夫を持つ妻でもあり、女性の社会進出が進む中国で、キャリアウーマンの鏡として称えられている。

「帰還したら出産を考えたい」

 記者会見でこうも語った彼女が無事帰還することを、13億の人民が待ち望んでいる。

【取材/ドラゴンガジェット編集部
ガジェット好きのライターや編集者、中国在住のジャーナリストが中心メンバーとなり、2012年1月から活動を開始。東京と深セン、広州を拠点に、最新の話題をお届けする。




おすすめ記事