雑学

スポーツアービトラージ簡単スタートガイド

 ブームに乗ってFXに手を出したら大失敗。「簡単に儲けるどころか大損してしまった……」なんて経験をした人は多いはず。運がなかったのか才能がなかったのかはともかく、そんな人に試してほしいのが、海外ブックメーカーを活用したスポーツアービトラージ。何でも、富裕層を中心に知る人ぞ知る究極の投資法として、実践している人がいるとか。いったいどんな手法なのか?

スポーツアービトラージ簡単スタートガイド

 では、具体的にどうやって始めたらいいのか?

スポーツアービトラージを始めるのに必要なものの一つが『オンライン口座』。私のオススメはネッテラーです。ネッテラーは、ロンドン証券取引所に上場する企業で、入出金が非常にスムーズ。スポーツアービトラージには、この資金移動のスムーズさが重要です。英語が苦手な人でも日本語対応のスタッフもいるので安心。サイトも日本語に対応しているので、問題なく口座開設できるでしょう」

 わからない点は、ネッテラーに電話確認をするのが早い。「ジャパニーズ、スタッフ、プリーズ」と言えば、日本語を話せるスタッフに代わってくれる。

 オンライン口座を作ったら、次はブックメーカーに登録する。

「世界には約2200ものブックメーカーがあり、スポーツアービトラージはどこでどのように発生するか、実際には誰にも予測はできません。またすべてに対応しようとすると、2200を超えるブックメーカーに登録することになり、想像しただけでイヤになる。これは現実的ではありません。初めに登録するブックメーカーは、10ぐらいが適当でしょう」

 ブックメーカーのなかには、日本語対応のサイトもある。登録するのは名前や住所などだが、基本的にローマ字入力でOK。ただし、海外の場合、住所の表記が日本とは逆になることは忘れずに。わからなければ、ネットの翻訳サイトを駆使して調べるといいだろう。

最後に重要なのが、『アービトラージ情報提供サイト』の会員になるということ。このサイトがなければ、いちいちブックメーカーのオッズをチェックして、アービトラージの有無を探さなくてはいけません。しかし、情報提供サイトを活用すれば、アービトラージが発生するたびにメールで通知してくれたりします。月額3000~4000円程度なので、飲みに行く回数を1回減らしてでも登録することを強くオススメします」

 これで準備OK。さっそく試してみよう!

1、オンライン口座を開く

101123_CL3_02.jpg

ネッテラーへの入金方法は、クレジットカード、海外送金など。
出金には専用のプリペイドカードが必要なので、口座を開設
したらプリペイドカードの発行手続きを、引き続き行おう


2、海外ブックメーカーに登録!

101123_CL3_03.jpg

上は日本語表示が可能なブックメーカーの老舗ウィリアムヒル。
サイト表示が日本語なので登録時にどの項目に何を入力すれ
ばいいのかわかりやすい。ちなみに、表示は日本語でも記入は
ローマ字表記で入力する


101123_CL3_04.jpg

上は日本語表示ができないブックメーカーのCANBET。
日本語表示できないとはいえ、どのサイトも登録時に
入力する内容は名前や住所などはほぼ一緒。わから
ない単語は翻訳サイトで調べれば問題ない


3、情報提供サイトに登録!

101123_CL3_05.jpg

月額30ポンドで、アービトラージが発生している試合とブック
メーカーの組み合わせをメールで知らせてくれる。オッズを
計算し、必要な賭け金を計算してくれる計算機能が役に立つ。
無料の会員登録が必要


― これぞ究極の投資 ギャンブル必勝法は実在した!【2】 ―

ハッシュタグ




おすすめ記事