恋愛・結婚

外国人美女と仲良くなる技術【台湾編】

【交際】台湾

まるでトレンディドラマ 20年古い恋愛が逆にイイ!?

野田ヒロシさん(仮名・28歳)自動車メーカー

101221_CL3_06.jpg
 地元・浦安のバーで台湾人の彼女と知り合った野田さん。台湾といえば日本の文化や流行を意識した店が並び、親日派も多い。顔も日本人に似ているから、感覚も近いはず。しかし、恋愛観には微妙なズレがあった。

「台湾では日本のドラマが遅れて放送されているから、トレンディ ドラマのような恋愛にすごく憧れがあるんです。記念日はシャンパンで乾杯、砂浜で名前を叫ぶなどベタの応酬。しかも、そこにアメリカ的習慣が中途半端に入ってくるんです。付き合ったその日に『グッモーニン! ハニー』ですよ。彼女が旅行に行ったときなんか、『Honey ヒロシ』って砂浜に書かれた痛い写メが送られてきました。こういうとき、どうリアクションすればいいんスかね……」

 逆にいえば“ベタな演出をすること”が台湾女性との出会いの近道。「隣の女性にこのお酒を」なんてナンパが効果的だという。

「ただ正直、恋愛のためにそこまでエネルギーを使うのが面倒くさくて。『俺は熱心な仏教徒だからクリスマスなんか関係ない。ザイツェン!』とか適当なこと言って、いつも冷たくあしらっているんです。それでも、我慢強く僕についてきてくれる。大和撫子のような一面もありますね」

 最後に野田さんが、台湾人女性と仲良くなるコツを教えてくれた。

「台湾のコは音楽や芸能、ファッション、グルメなど日本の流行が大好き。”トレンディな情報”を押さえておけば必ずモテます」

◆出会える度  ★★★☆☆
◆交際しやすさ ★★★★☆


日本に憧れを持つ台湾人女性には、「日本人みたいだね?」などのフレーズが効果的

101221_CL3_08.jpg
目元パッチリでビビアン・スー似の彼女。
どこでもイチャつきたがる。


101221_CL3_07.jpg
砂浜に書かれた愛のメッセージ。眩しすぎるっ!

― 外国人美女と仲良くなる技術【2】 ―




おすすめ記事