恋愛・結婚

そこまでかわいくないけど“オトしやすい”女子とは?

男が付き合いたいタイプといえば、CanCam系のゆるふわ女子や、女子アナ系の王道女子。しかし、当然のことながら、大してスペックも高くない30代男なんぞに彼女らが簡単に振り向いてくれるわけはない。そんな男たちに、「モテないのは漁場を間違えているから。狙うべき女性のタイプを変えればモテることは可能」と語るのは、漫画家の峰なゆか氏とエッセイストの犬山紙子氏。果たしてどんなタイプの女性を狙えば、普通の男でもモテるのだろうか? 両氏に普通の男子が狙うべき女子のオトし方をタイプ別に解説してもらった

<ツイッター系女子>
女のコらしさやさりげないエロさを漂わせた、男ウケするツイートが得意。実際の容姿はそこまでかわいくないことが多いが、自己演出能力が高く、文化系男のツボを心得ている。目指せ吉高由里子!

※外見の特徴
「マイメロディなどキャラモノのiPhoneカバー」、「雑貨屋のカゴバッグ」、「ズックみたいなシューズ」、「ゆるゆるパンツ」

◆雰囲気アイコン+ゆるふわ語尾の女子は出会いを求めてる!

ツイッター

※画像はイメージです

「実際はそんなにかわいくないが、ツイッターでの自己演出にたけた女子」も狙い目だ。

「アイコンは動物キャラや、顔出しの場合は微妙に詐欺なショットが多いのが特徴」(漫画家の峰なゆか氏)

「『ねむいにゃむー』などゆるふわな語尾を多用しがち」(エッセイストの犬山紙子氏)

 看板に偽りアリの女なんて……とも思うが、自分をかわいく見せることで常にネットでの出会いを求めており、いわば入れ食い状態なのだとか。

 逆光の横顔写真のアイコンが「詐欺だと友達に笑われます」とは大塚由美さん(仮名・29歳)。フォロワーの8割が男性だという。

「基本、ツイートは語尾に顔文字。あとはゲームやプロレスなどの男好みの話をしたり、『こんな記事見つけた! びっくり!』とちょっとエッチな記事をRTしてます」

 どんな男性にきゅんとくるの?

「『承前』とかを多用するような自分語り系じゃなくて、『エスプレッソってちっちゃい』とか他愛もないことをつぶやく人。あとは、『起きたー』とか、何でもないつぶやきに返事があるとうれしい!」

……そんだけでいいの? 実際どんだけかわいいかはナゾだが、オトしやすさはピカイチ!?

【峰なゆか氏】
漫画家、ライター。元AV女優。女の生態や男の本音を描いた漫画『アラサーちゃん』が大ヒット。本誌をはじめ、多数雑誌などでエッセイや漫画を連載中

【犬山紙子氏】
エッセイスト。美人なのに恋愛がうまくいかない女性たちを描いたエッセイ『負け美女』でデビュー。テレビや雑誌などのコメンテーターなども務める。本誌でも連載中

― 「邪道女子」に狙いを定めてモテる!【5】 ―

邪道モテ

犬山氏と峰氏が、モテの王道をゆけない女子たちに向けて執筆した画期的モテ本。さまざまな「邪道モテ」女子の分析がなされており、男性も必読の一冊!




おすすめ記事