恋愛・結婚

【嫁を劣化させる夫】の共通点

劣化嫁

仰るとおりです。はい。


週刊SPA!6月7日号にて【嫁の劣化問題】について取り上げたところ、嫁たちから抗議の声が殺到した。「お互い様だろ! このボケ!」「あんたも鏡を見ろ!」から「すべての原因はオマエにある!」「もっと稼いでこい。話しはそれからだ!」まで、どうやら嫁たちの逆鱗に触れてしまったようなのだ(当たり前だ)。そこで、嫁たちの反論に耳を傾けてみたところ、「嫁を劣化させる夫」像というのが見えてきた。その共通点とは?

その(1)「夫の年収が500万円未満」
⇒世の中、カネだ! カネさえあれば、嫁は劣化しない……のか!?

その(2)「夫が結婚後に10㎏以上太った」
⇒劣化嫁の夫の75%以上が自分も太っていた!

その(3)「独身時代は実家暮らし」
⇒家事ができない夫の嫁は劣化が早かった!

現実を知ったとき、我々は嫁の反論に深く頷き、そっとその場を去ったのであった……。

せっかくなので「嫁を劣化させない夫」についても明かにしておこう。セレブ妻の幸子さん(仮名・42歳・夫の年収2000万円)はこう証言する。

「仕事のデキない男は嫁を劣化させます。デキない男は『優先順位がつけられない』『自己コントロールが苦手』なため、感情や欲望に流される。つまり、仕事も生活もメリハリがつけられないため、水はどんどん低いほうへ流れていきます。反対に、仕事ができる夫の嫁は劣化しません」。

仰るとおりです、はい。夫婦はやはり鏡なのだ。劣化妻には劣化夫、新鮮さをキープしている夫婦は常に努力を怠らない。当たり前といえば、当たり前。なんとも耳が痛い話であるが、より詳しく知りたい方は7月12日発売の週刊SPA!7月19日号をご一読願いたい。

文/犬飼孝司(本誌)

⇒詳しくは週刊SPA!6/19号にて(電子雑誌版も発売中)
※お手持ちのPC・スマートホンから、購入・試し読み・目次の閲覧ができます




おすすめ記事