恋愛・結婚

[邪気マン女]の特徴はコレだ!

アソコから邪気を放つ女とヤった男は、不可解な不幸に見舞われると、霊感の強い男性の間ではまことしやかに囁かれている。サゲマンより強烈な怪現象を引き起こす「邪気マン女」の怨念パワーとは? 男性諸君必読

邪気マン女はヤリチン男が作り上げた欲望の権化!?

110104_BK3_09.jpg
数万人以上の鑑定実績を持つ霊能者フィガロ・ピート氏は、邪気マン女をこう分析する。

「中世ヨーロッパの古い文献には、穴という穴から邪気が入ると記されています。女性器の穴の奥には子供を宿す子宮があり、ここは女性の心臓とも言える大事な臓器。それだけに、邪気が最も溜まりやすいわけです。私が鑑定した中にも、少なくとも6000人は邪気マンを持つ女性がいましたね」

 しかし、これほど幅をきかせている邪気マンは、一体どうやって作られてしまうのか。その原因は男性にあるとフィガロ氏は語る。

「父親からの愛情を受けられなかったことに起因するでしょう。すると男性の愛を渇望するあまりにスキができて、性欲のカタマリのような男につけ入れられる。一度でもそんな男と関係すると、引き寄せの法則でヤリチンの連鎖が続き、男の欲望が子宮に蓄積されて邪気マンが作られてしまう。さらに堕胎をすると自責の念が邪気化し、その威力は増強されます」

 ヤリチンが作り上げた邪気マンの中に精子を放出してしまった場合、妻子や本命彼女との離別はおろか、前立腺や痔など下半身への影響、事故や病気、最悪の場合は死に至るケースまであると言う。

「最低限、中出しはしないこと。本気で愛してしまった場合は、愛し抜くしかないでしょうね。10年も関係が続けば、愛の力で邪気は消滅するでしょう」

 そんな気の遠くなる努力より、事前に我が身を防御したいもの。上記の見分け方とともに、フィガロ氏特製の御札をベッドの下に忍ばせてコトに及んでほしい。

110104_BK3_10.jpg

※プリントアウトしてベッドにお貼り下さい

フィガロ・ピート氏
霊能者・詩人・心霊哲学者・気功整体療術者。『フィガロ・ピートの霊件簿』(ぶんか社)で脚光を浴びる。各所でトークイベントも。

◆邪気マン女の特徴

・付き合う男が途切れない女
・タレ目メイクとアヒル口で媚びる女
・不幸自慢と他人の悪口が好きな女
・筋肉もアソコもしまりのない女
・子供時代に虫を殺して遊んでいた女


取材・文/SPA!SEXホラー研究会
イラスト/ホセ・フランキー

― サゲマンより恐ろしい[邪気マン女]警戒警報【4】 ―




おすすめ記事