R-30

人生が好転する「宝地図」のメカニズム

― なぜ[壁に目標を貼る]と人生がうまくいくのか?(9) ―

【収入アップ 豪邸GET なぜか成功者が続出】
宝地図って何だ?


宝地図03

【望月俊孝氏】35歳の時に6000万円の借金を背負うも、宝地図で一念発起。 『眺めれば運命好転!「お金と幸せの宝地図」』など現在著書は20冊

◆未来のプラスイメージがそのまま行動に繋がる

 驚いたことに取材を進めるうちに、宝地図で人生が好転したケースが続出! 例えば、一昨年9月にリストラされた尾西恒輔さんは、「自殺」の2文字が頭によぎるも、ありったけの思いで宝地図を作成し、わずか半年でV字回復。人間向上コンサルタントとしてフェイスブックとアメブロで注目を浴び、現在はコンサルティングやコーチングなどを行い、講演依頼や書籍出版のオファーも。

 まるでギャンブル雑誌の誇大広告のような華やかすぎるサクセスストーリーだが、嘘や誇張はない。

 では、なぜ宝地図は成功率が高いのか? そのメカニズムを提唱者である望月俊孝氏に伺った。

「昔から『目標を紙に書いて常に眺めると達成できる』といわれていますが、その法則に写真もプラスしてインパクトを強くしたのが宝地図です。“百聞は一見に如かず”で言葉よりもイメージの与える影響は大きい。そもそも夢を叶えるためには言葉、イメージ、感情、行動の4要素が関係しています。多くの人が漠然とした夢や理想を持っているけれど、ありありとイメージできないから、感情も行動も変わらないし、現実も変わらない。宝地図は将来成功する自分を何度も見ることで、ワクワクしながら、自分が成功するイメージを脳裏に焼き付けることができる。それが行動に繋がり、夢が実現するんです」

 確かに、前出の篠原さんは宝地図を楽しみながら、行動に繋げていた。もしや、「壁に目標を貼る」成功法則のアルティメット?

「人間は未来にプラスのイメージがはっきり描かれていると、苦しいことが快感に、平凡な作業も楽しくなります。宝地図で成功する自分を常にイメージできれば、日常の行動や思考が将来の夢に沿うようになります。今のツラい状況も頑張れるようになるんですよ」

 記者個人の感想を言えば、今回取り上げた中で、一番マネしてみたいロジックのように思えた。


◆関連書籍
『「お金と幸せの宝地図」DVDブック』(DVD付き) (マキノ出版ムック)


取材・文/浅原 聡 藤井たかの 持丸千乃 高尾マリ 池田達哉(本誌)

ハッシュタグ




おすすめ記事