仕事

着エロは短大とともに卒業 今年の夏には念願のAVデビュー

【東京】AV女優→エステティシャン 着エロは短大とともに卒業 今年の夏には念願のAVデビュー
110412_CL2_09.jpg
朝井希広ちゃん埼玉県生まれ、20歳 県立高校入学都内短大入学後、着エロモデルに 今春都内エステ店に就職が内定 今夏AV出演予定
110412_CL2_11.jpg
「親友がAV女優なんです。最初は『人前でセックスするなんてバカじゃん』って思ったけど、稼いだお金でリッチな生活をしているのを目の当たりにして、うらやましくなっちゃいました」  希空ちゃんは、美容系の短大に通いながら、都内のAVプロダクションに在籍している。自他ともに認めるドMで、業界入りの理由は、お金以外のある願望を叶えるためでもあったという。 「痴漢願望があるんです。友達はよく被害に遭ってるけど、なぜか私はされたことがなくて……。前カレとラブホで見た『集団痴漢』シリーズみたいなことされてみたいですね。電車の中で、大勢の人にレイプまがいに犯されたり、ぶっかけされたりするような」  新人のため、今はヌード撮影会や着エロDVD、グラビアなどの仕事をする毎日。目標の痴漢AV出演は今年の夏までお預けだ。 「だから、よく『痴漢されないかな~』って思いながら通学しています(笑)」  だが、そんな彼女も短大卒業後は都内でエステティシャンとして働くことになっているという。 「実はエステ店の内定を貰っているんです。エステを勉強すれば、ずっとキレイなままでいられる方法とか勉強できるじゃないですか。でも、AVの痴漢モノなら希空って言われたいっていうのもあるんです……」  だが、将来のことを考えると、やはり不安だという。 「エステなら、独立開業もできます。しばらくはエステで頑張りながら、AVのことを考えてみたいと思います」  念願の痴漢モノでAVデビューの予定は未定のままだが、エステティシャンとしてのデビューは間近。社会でも揉まれる彼女は、それでもAVの夢を見るのだろうか。
110412_CL2_10.jpg
― 2011年春 学生風俗嬢の内定先【4】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事