恋愛・結婚

2011年 新人OLと先輩20代女子はどう違う

 今年もまた新人OLの入社に心ときめかせる季節がやってきた。とはいえ、年々広がっていく新人OLとの年の差……。話しかけたい気持ちはあれど勇気が出ないという読者のために、”ゆとりド真ん中”世代の新人OLへの効果的な接し方を伝授する!

【予習編】
オンリーワン世代が求めるのは、今のままの自分を認めてくれる人

 カワイイ新人OLと、あわよくばいい関係に……と夢想する前に、まず’11年入社OLの特徴を知らなければ! 若者論に詳しい社会学者の阿部真大氏に話を聞いた。

「団塊ジュニアならぬ新人類(’60年~’65年生まれ)の子ども世代。生まれてこのかたほぼ不況しか知らないし、リーマンショックなど、一時的に景気がよくなった直後の突然の不況も経験しているので『努力すれば報われる』という神話をそもそも信じていません。はなから『ナンバーワン』は狙わずに『オンリーワン』を尊び、人生全般への期待値が低い世代といえます」

 教育面でも、まさに「オンリーワン」を尊ぶゆとり教育が中学3年のときに導入されたゆとりド真ん中世代でもある。恋愛やSEXに対しても関心が低い=期待が薄いということを聞くが、実際はどうなのだろうか。

「バブル時代は『ブランド物のプレゼント、高級料理店でのデート、いいホテルでのSEX』と、消費が恋愛・SEXと直結していました。消費が、活発な恋愛やSEXの下支えとなっていたんです。でも、’11年の新人OLたちは、物心がついたときにはすでにバブルは崩壊。消費しようにもカネはないし、消費に価値を見いださない生き方をしてきました。恋愛・SEXを支えていたはずの消費が落ち込んだ結果、恋愛・SEXへの期待値も低下していったのです」

 結婚観はどうだろうか。

「彼らの親世代では既に共働きも珍しくなかったため、結婚しても働くのは当然という考えが多数派。でも『どうしてもやりたい仕事につきたい』『高い給料が欲しい』という欲求は希薄です。多くを望んで失敗をしたくないので、最初から高望みをしないのでしょう」

新人OLと先輩20代女子はどう違う

110419_CL2_07.jpg

阿部真大氏

110419_CL2_01.jpg
’76年、岐阜県生まれ。社会学者。
東京大学博士課程修了後、甲南大学講師を務める。
著書に『合コンの社会学』(光文社新書)、『ハタチの原点』(筑摩書房)などがある


― 2011年 新人OLを簡単にオトす技術【1】 ―




おすすめ記事