ライフ

山本太郎だけじゃない!“新党ひとり”は簡単に作れる

乱立&離合集散が激しすぎて、もはや笑うしかないニッポンの政党。つーか、政党ってそもそも何? 知ってるようで知らない政党に関する素朴な疑問を探る! ◆政治団体設立はカネもかからず意外と簡単! 拳 前回、日刊SPA!では「その気になればアナタも“党首”になれる」(https://nikkan-spa.jp/339087)という内容の記事を紹介したが、そうはいっても個人ではなかなか難しいんじゃ……と思うだろう。が、実際に1人で政治団体を立ち上げてしまった人もいる。 「設立は’09年7月。国政に疑問を持ち、“何かしなくちゃ”という焦りみたいなものがありました。まずはブログで自分の思いを書いたのですが、次の段階として現実世界で行動したいと。そこで思い立ったのが政治団体の設立でした」と言うのは「ベンサムの提言実現研究会」代表・早見雅子さん。食品会社勤務で夫と2人の子供がいる、普通の働くママさんだ。 「自分で書類を整え、県庁の選挙管理委員会まで出向いて提出しました。最初はちょっと腰が引けましたが、県職員の方が丁寧に説明してくれて。お金も交通費ぐらいで実質的な出費はゼロでした」 活動としては「ブログの発行ぐらいで何も……」とのことで、現在は解散してしまったとか。 「でも、達成感はありましたし、体験は財産になりました。年1回の会計報告は面倒でしたけど」 一度体験してみれば、政治家の気持ちが少しはわかるかも!? ― ニッポンの政党(笑)盛衰史【6】 ―
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事