雑学

今さら聞けない“政党”の基礎知識

乱立&離合集散が激しすぎて、もはや笑うしかないニッポンの政党。つーか、政党ってそもそも何? 知ってるようで知らない政党に関する素朴な疑問を探る!

◆今さら聞けない政党の基礎知識!

 解散総選挙で、にわかに活気づく永田町。たちあがれ日本が太陽の党に変わって、減税日本と合流するかと思ったら、いきなり日本維新の会とくっついて太陽の党は解散とか、何がなんだかわかんねー! と、お嘆きの方も多いだろう。

 しかし、こうした離合集散は今に始まったことではなく、日本に政党というものができて以来、似たようなことが延々繰り返されているのである。戦後のいわゆる55年体制以後の政党の変遷をまとめた系譜図(http://nikkan-spa.jp/339087)。’90年代以降の乱れっぷりはハンパじゃない。これが男女関係だったら、確実に何人か刺されてるレベルである。

政党

白抜きが政治資金規正法の条件を満たす政党(11月20日現在)。太陽の党は誕生から3日で解党発表。これぞ泡沫!

 そもそも政党とは何なのか。辞書的には「共通の政治的主義・主張をもつ者によって組織され、一定の政治的利益や政策の実現のために活動し、政権獲得をめざす集団」(『大辞泉』)ということだが、法律的にはそれだけでは政党とは呼べない。「所属国会議員が5人以上」「前回の衆議院議員選挙、前回または前々回の参議院議員選挙のいずれかの全国を通じた得票率が2%以上」の条件を満たして初めて正式の政党となり、政党交付金をもらうことができるのだ。

 その条件に満たない場合は「その他の政治団体」「国会議員関係政治団体」などの分類となる。

 政治団体を設立したら、7日以内に都道府県の選挙管理委員会または総務省に届け出なければならない。逆に言えば、届け出さえすればいいわけで、昨年末時点での「その他の政治団体」は、なんと3392団体! 法律上の政党でなくても「○○党」と名乗るのは自由なので、その気になればアナタも“党首”になれるのだ。

― ニッポンの政党(笑)盛衰史【5】 ―




おすすめ記事