R-30

“寝るだけ”で痩せる!ズボラ人間に最適の究極ダイエット

気つけばベルトの上に醜い脂肪が載っていた……。そんな読書諸兄のために、ダイエットのエキスパートがすぐ効く。“腹ペタ”メソッドを公開。日ごろの不摂生がたたってメタボ腹の小誌ライターたちが、ガチンコ挑戦!

【METHOD2】
ズボラ人間に最適! 枕を使って寝るだけで痩せる

運動や食事制限など、ダイエットには手間と努力がつきもの。それすら面倒だというぐーたら諸氏にオススメするのが、ズバリ「寝るだけダイエット」だ。方法は簡単、枕をお腹の下にセットして一日5分寝るだけ。なぜ、それだけで腹が凹むのか? その理由を提唱者である福辻鋭記氏はこう解説する。

「太りすぎの原因のひとつが『骨盤のゆがみ』。骨盤には臓器を支える役割があり、そこがゆがんでいると内臓もゆがんでしまいます。その結果、栄養を吸収し老廃物を排出する代謝機能が落ちてしまう。さらに、代謝機能の落ちた内臓が垂れ下がることで、お腹も出てしまうのです。また、骨格が開き、のっぺりとしてしまった体形を内側に引き締める効果もあります」

 突き出した腹は脂肪だけにあらず。骨格・内臓レベルから矯正することこそ重要なのだ。

◆枕のつくり方
4つ折りにしたバスタオルを2~3枚重ね、なるべく隙間ができないように堅く巻いたら、ビニールひもなどで形が崩れないようにしっかりと縛る。直径10cm程度がべスト
【画像解説】⇒http://nikkan-spa.jp/38224/110802_cl3_13

寝るだけダイエット枕
◆基礎編
枕が腰骨の真下にくるようにセットし、一度お腹を凹ませたら、力を抜いて自然に横になる。そのとき、足の指は親指をくっつけてハの字に、手は上に伸ばして肘を体の内側に入れ、小指同士がくっつくように
【画像解説】⇒http://nikkan-spa.jp/38224/neru01

寝るだけダイエット【基礎編】
◆応用編
腰と肋骨の間くらいに枕を置き、下になった手を伸ばして、脚もまっすぐ開かないような姿勢で寝そべる。肋骨、骨盤が開いてしまうことによって腹が出てくるので、骨格から引き締めていく
【画像解説】⇒http://nikkan-spa.jp/38224/neru02

寝るだけダイエット【応用編】

お腹を凹ませてから、おへその辺りに枕を置いて腹ばいに。手足は自然な形で。内臓が下がってくると太りやすい体質になりお腹も出てくるので、その内臓を持ち上げる効果がある
【画像解説】⇒http://nikkan-spa.jp/38224/neru03

寝るだけダイエット【応用編2】
⇒小誌ライターが「寝るだけダイエット」を1週間実践! 効果のほどは?
http://nikkan-spa.jp/38225

福辻鋭記【福辻鋭記氏】
アスカ鍼灸治療院院長。東洋医学に基づいたダイエット・美容方法が話題を呼ぶカリスマ鍼灸師。著書に『改訂版 骨盤矯正枕で寝るだけダイエット』(小社)など多数

― 速効![一日5分で腹を凹ます]技術【3】 ―

『改訂版 骨盤矯正枕で寝るだけダイエット』

超簡単かつ短時間で効果の出るメソッド

ハッシュタグ




おすすめ記事