海外FX業者を使えば、まだハイレバFXができる

― 一晩で[1000万円を稼ぐ]方程式【4】 ― 「それにつけてもカネの欲しさよ」と何度唱えたところで一向に温まることのない懐事情。こうなれば自力でなんとかするしかない。無謀を承知でいざビッグドリームに挑戦! 夢を託した各種“片道切符”、果たして終着点まで辿り着けるのはドレだ? 【投資編】 ◆海外口座FX
海外口座FX

大きな利益が狙えるのはアメリカの雇用統計が発表される毎月第1金曜日、上に動くか、下に動くかは指標の結果次第なので、上下両方に網を貼るのが「ハイロウズOCO手法」。指標発表直前に1分足チャートをチェック。直近の高値・安値から10~20銭程度離して買いと売りの逆指値注文を「OCO注文」で入れておく。雇用統計による荒波の第1波をこれでとったら、第2波のリバウンド、第3波と狙っていく。

かつてはFXで数百倍のレバレッジをかけて資金を爆発的に増やせた時代があった。しかし、お上の規制で今や上限は25倍に……。FXドリームはもう無理? 「海外FX業者を使えば、まだハイレバFXができますよ」 救いの手を差し伸べてくれたのは3万円を1000万円にした実績がある個人投資家のボリ平氏だ。 「私が使っているeTroroなど、海外FX業者ならレバ400倍も可能。元手が小さい人でも大きく増やすチャンスがあります」 レバ400倍だと10万円しかなくても4000万円分の取引が可能になる。大金を動かせば、それだけ利益も大きくなる。 「大きく増やすなら毎月第1金曜日の『雇用統計』発表日。市場が激しく動くので大きな利幅が狙いやすいんです。私は毎月、『ハイロウズOCO手法』(図参照)でやっていますがほとんど無敗です」 この手法、どちらに動くかわからない雇用統計後の値動きの、上と下、両方に網を張る発想だ。7月の雇用統計では第1派で1円下がってリバウンドの2波で50銭上がり、3波で50銭下がってと、その後も激しく上下動した。こうした相場でフルレバ勝負し、5連勝もすれば元手10万円でも1000万円到達は可能! 「毎回フルレバでやっていれば、資金がゼロになるリスクのほうがもちろん大きいですけどね。あと、海外FX業者は出金トラブルの話も聞くので業者選びは気をつけて」 これならけっこう現実的か。 ★1000万円の現実度 元手が吹っ飛ぶリスクを負った勝負だが、時機さえ掴めば可能性も ボリ平氏 【ボリ平氏】 3人の子供を抱えたシングルマザートレーダー。明確で効果バツグンな手法でファン多数 (http://fxlife30000.blog41.fc2.com/)
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事