ピンクのクラウンはクルマ業界の大胆かつ次元が違う改革

トヨタ新型クラウンのCMに登場するピンクのクラウン。伝統と格式高いクラウンでピンクだなんて……。ワタクシも含めた、世のボンクラはそう思ったわけですが、“大胆かつ次元が違う改革”が必要なわが国では、クルマを売るために、時にはこうした発想も必要だったのかも。そんなピンクのクラウンのオーラを、全身で浴びてきました

クラウン

「51歳の不肖ワタクシ、ピンクのクラウンに負けないように渾身のポージングをしてみました! どうスか似合ってますか!? イケてるオヤジっすかねウフフフフ~?」(by MJブロンディ)

MJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
望月浩彦=撮影 Photographs by Mochizuki Hirohiko

◆ピンクのクラウンを探しにいって、記念撮影してみました!【後編】

⇒【前編】はコチラ

 今回のオートクラブは、合計55台存在するらしいピンクのクラウンを探せってことで、問い合わせした結果、東京トヨタ渋谷店までノコノコ行ってみました。

 入口からすぐのところにドーンと置かれたピンクのクラウンは、絶妙のミスマッチ感といったところで、意外と毒々しくなくて、かなりイイ。

 お客の反応も通常とはケタ違いで、「携帯電話で写真を撮られる方が多いですね」(東京トヨタ渋谷店店長)。

 フツーの色のクラウンをケータイで撮る人はいないから、その時点でアイドル扱いだと言えるだろう。

 このピンクのクラウン、今年の年末くらいには実際に発売される予定なのだが、「これをくれ!」と言う方はいるんだろうか?

「わざわざ見にきてくださる方も多いのですが、やはり50代、60代のお客様が中心ですし、実際に買うとおっしゃった方はまだいらっしゃいません」(同店長)

 まだゼロですか~。限定販売になるらしいし、買っとけばどこへ行っても大注目、路上のアイドルになれるのに!

 それと、なにせ色のオーラが凄いので、これが似合えば、あなたはかなりパワフルなオヤジってことにもなろう。諸君も貴重なピンクのクラウンと記念写真を撮って、自分のオーラを確かめてみてくれ。

※東京トヨタ渋谷店の展示は取材時

【結論】
新型クラウンは走りも非常にイイ。特にハイブリッドモデルは、燃費や加速が高次元でバランスされ静粛性も抜群。次元の違うクラウンになっていた。トヨタにはアベノミクスの尖兵として日本を牽引してもらいたい!

― ピンクのクラウンを探しにいって、記念撮影してみました!【2】 ―

1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com





おすすめ記事