エンタメ

コミケ80 漢の熱いコスプレに濡れた! ルール変更で男性レイヤーに注目集まる

3日間で計54万人が来場した「コミックマーケット80」。来場者数は5年ぶりに減少となったものの、コスプレ広場は今年もすし詰め状態の大賑わいを見せた。今回、コミケのコスプレ広場に初取材に訪れた筆者(22歳女子)は、かわいい女の子にはぁはぁしつつも、大人の男の魅力むんむんな男性レイヤーさんたちに注目した。

<<美脚レイヤー画像は日刊SPA!で公開中!>>

 今回のコミケでは、「女性の胸の露出は1/3まで」というルール変更以外にも大きなルール変更があった。従来であれば30cm以上のアイテムの持ち込みは禁止されていたが、移動中に分解すれば、それ以上のサイズのアイテムも広場に持ち込めるようになったのだ。その結果、サバゲーの本格的な服装に武器を携行した集団や、少年漫画やRPGの大きな武器を持った迫力満点の男性コスプレイヤーが目立っていたのだ。


 その中でも目立っていたのは、最長射撃距離600mの威力を持つ「M16」を構えたゴルゴ13。中には、「俺、ずっとゴルゴさんのファンだったんです……」と、感激した様子で握手を求めていたファンも現れる人気ぶり。


◆“親父”世代のフェロモンむんむんな男性コスプレイヤーの魅力とは…!?
 コスプレと聞くと肌を露出しカメ子に囲まれた美女達を想像するが、密かな人気で賑わっていたのが男性コスプレイヤーたち。ピチピチのお肌に負けない年季の入った肌でギロリと睨むその姿はまさに二次元キャラクターが現世に現れたようだ。年端もいかない小娘には出せない色気でコミケでも大人気!

 次回、冬のコミックマーケットは、12/29~31に開催されるので、興味を持った殿方にはぜひアダルティーなおっさんコスプレにぜひ挑戦してもらいたい。

★その他のコスプレ画像を日刊SPA!にて大量公開中!
http://nikkan-spa.jp/43268/110814_c80_67

取材・文・撮影/小島紋菜 林健太




おすすめ記事