デジタル

Surface RTは「表示のタイムラグが厳しい」【手書きガジェット対決3】

何でもできる万能タブレットからデジタル手書きを追求した「enchantMOON」まで、続々と登場する手書きガジェット。5モデルを厳選し、書き心地一点に絞って、“日ペンの美子ちゃん”で知られる、ボールペン習字講座の監修と指導をしている田中鳴舟先生に実力をチェックしてもらった。

⇒【iPad】【電子ノート WG-N10】の書き心地はコチラ
http://nikkan-spa.jp/457177


Surface RT
実勢価格4万9800円~/マイクロソフト

Surface RT

日ペンの美子ちゃんコメント「キーボード入力も手書きもできるオールマイティさは便利かも!」

<マイクロソフト製のPC的なタブレット>
Windows 8の兄弟OS「Windows RT」を搭載した10.6型タブレット。解像度は1366×768ドットで、静電容量方式を採用している。サイズと重量はW172×D9×H275mm/約675g。使用したアプリはiPadと同じ「Note Anytime」だ

⇒鳴舟先生の手書き文字【拡大画像】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=457264


★田中鳴舟先生の批評
iPadと比較して低い解像度が総合評価を一段下げた。「『お』や『め』がわかりやすいけど、曲線がカクついて見えるのは慣れないね」という。さらに、表示のタイムラグも5台でもっとも大きく、「自分が書いた線を確認しないまま、数画先にペンを走らせることになるから、バランスがすごくとりづらい。パソコンとして使いながら、たまに手書きメモという使い方がいいんじゃないかな」とまとめた。


◆その他の手書きガジェット

【デジタルペーパー】
デジタルペーパー発売未定/ソニー

<加速する「紙のデジタル化」>
ソニーは2013年度中の実証実験を目安に、A4サイズの電子ペーパーを開発中だ。入力の自由度が高い「光学式」と「静電容量式」に両対応したパネルを採用し、紙のような書き心地と指でも自在に扱える操作感を目指している。近い将来に革命をもたらすかも!?

Jot Touch 4
Jot Touch 4実勢価格1万円/プリンストンテクノロジー

<タブレット専用ペンのハイエンドモデル>
タブレットの手書き入力環境は、アプリだけでなく、スタイラスペンによっても向上する。2048段階の筆圧が表現できる「Jot Touch 4」なら、対応環境下で手書き並みの表現力が手に入れられるはず。ペン先に角度調整が自在な透明円盤がついており、液晶面の保護も万全だ。

― 「手書きガジェット」は紙を超えるか!?【3】 ―

Surface RT

Windows 8の兄弟OS「Windows RT」搭載




おすすめ記事