デジタル

あなたのPCは大丈夫?ウィンドウズ11にタダでアップグレードできるPCの条件

 ウィンドウズ11がもうすぐ登場する。6月24日、マイクロソフトは今年後半に次期ウィンドウズをリリースすると発表した。ウィンドウズ10は2015年に登場し、最後のウィンドウズになると打ち上げた。機能追加は年2回の大きなアップデートで行われており、もう数年おきにOSを買うというサイクルからは開放されたと言っていいだろう。ここで、また元に戻ってしまうのだろうか?

アップグレードできるPCは?

ウィンドウズ11

マイクロソフトからウィンドウズ11が発表された

 ご安心を。6年ぶりの大幅刷新で、ナンバリングも11になるが、サービスとして提供されることには変わりがない。ウィンドウズ11が動作するウィンドウズ10搭載PCであれば、タダでアップグレードできる。  実は、マイクロソフトの発表に先駆け、ウィンドウズ11のディスクイメージファイルがネットに漏洩した。多数のユーザーが早速インストールし、様々な情報が飛び交っている状態だ。色々と使い勝手が良くなっているようで、正式登場が楽しみ。ウィンドウズ11のプレビュービルドは今週にも公開される予定だ。  ちなみに、英語で検索すれば、ウィンドウズ11の漏洩したISOファイルを見つけることができるが、ITに詳しくないならインストールしない方がよい。元々、違法に公開されているものだし、ウィルスを仕込んで再配布している輩もいるためだ。無料で正式公開されるのだから、そちらを利用したほうがいい。

見た目はガラッと変わった

 ウィンドウズ11の見た目は色々と変化した。まず今まで一貫して左下にあったスタートボタンが中央揃いに並ぶようになった。違和感はあるが、意外と操作性は悪くないだろう。今は、アイコンをフォルダーにまとめたりサイズを変更することはできないが、追って対応することだろう。スタートメニューのライブタイルはなくなっている。  InternetExplorer 11やコルタナ、タイムラインがなくなり、数式入力パネルやニュースと関心事項、ロック画面の簡易ステータスといった機能は削除された。スカイプやペイント3Dなども標準インストールからははずされている。  ニュースと関心事項の代わりに、キュレーションできるウィジェットが搭載された。マイクロソフトはこれまでにもウィジェットのような機能を追加しては廃止するということを繰り返してきたが、今回はどんな感じに仕上がっているのか楽しみだ。
次のページ
アプリ開発者を囲い込む狙いも
1
2
Cxenseレコメンドウィジェット
ハッシュタグ
おすすめ記事